ホンダとGM、新EVを共同開発 量販価格帯の新シリーズを世界展開 2027年以降投入へ

GMとホンダが、量販価格帯のEVの共同開発に合意。新たなEVシリーズを2027年以降、北米から投入していく計画を明らかにしました。

両社で設備の共通化などを推進

 ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは2022年4月5日、量販価格帯のEVの共同開発に合意し、新たなEVシリーズを2027年以降、北米を皮切りに投入していく予定と発表しました。

シボレーのコンパクトSUV「エクイノックスEV」
シボレーのコンパクトSUV「エクイノックスEV」

 開発する新EVは、GMの次世代アルティウムバッテリーを搭載し、新たなグローバルアーキテクチャーをベースとします。

 両社で設備の共通化などを推進し、数百万台規模でのEV生産を可能にして、価格を抑える狙いです。

 新たなEVシリーズは、グローバルで1300万台超の市場規模を有するコンパクトSUVを含むといいます。

 また両社は、将来のEV向けバッテリー技術における協業についても検討するとしています。

 ホンダ代表執行役社長の三部敏宏氏は「ホンダは、2050年までにグローバルでカーボンニュートラルを実現するという目標を掲げており、そのためにはEVのコストを下げ、より多くのお客さまにEVを所有していただくことを可能にしなくてはなりません。ホンダとGMは、グローバルでEVの販売台数を飛躍的に拡大すべく、これまでの技術領域における協業をさらに強固なものにしていきます」とコメント。

 GMグローバル商品開発・購買・サプライチェーン担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのダグ・パークス氏は「両社のグローバルスケールを活用することで、世界の多くのお客さまに向けて、新しいEVシリーズのコスト基盤を下げることが可能になります。この協業を通してGMは、まもなく発表するシボレーエクイノックスEVよりも低い価格帯で、新しい電動商品を提供する計画で、2025年末までに複数の生産拠点合計で200万台のEV生産能力を構築する計画です」と述べています。

 シボレーのコンパクトSUV「エクイノックスEV」は、2023年秋に米国で3万ドル前後(約370万円)で発売される計画です。

※ ※ ※

 GMとホンダは2013年に、次世代燃料電池システムや水素貯蔵技術の共同開発を開始し、2018年にはホンダが、GMによるバッテリーモジュール開発の取り組みに参加。

 2020年には、ホンダの電動SUV「プロローグ」(2024年上旬発売予定)と、その後に続くアキュラブランド初の電動SUVの2車種の共同開発計画を発表しています。

 さらにホンダは3月4日、ソニーグループとEVの共同開発・販売で提携していくと発表しており、EV開発をめぐって連携が加速しています。

【画像】新EVは、シボレー「エクイノックスEV」より安くなる? 2023年秋発売予定のモデルを見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント