最強300馬力のトヨタ新型「GRカローラ」がガチすぎる! 1.6Lターボ搭載の5ドアホットハッチが米で登場!

米国トヨタは新型「GRカローラ」を世界初公開しました。トヨタのスポーツカーとして新たに設定された新型GRカローラとは、どのようなモデルなのでしょうか。

300馬力のヤバすぎるカローラ爆誕!

 トヨタの米国部門は、新型「GRカローラ(2023年モデル)」を2021年3月31日(現地時刻)に世界初公開しました。

 新型GRカローラは、モリゾウことトヨタ社長の豊田章男氏の強い思いの元、TOYOTA GAZOO Racingが指揮を執って開発された新型ホットハッチで、トヨタのスポーツカーラインナップに新たに加わります。

トヨタの新型ホットハッチ「GRカローラ」
トヨタの新型ホットハッチ「GRカローラ」

 エンジンは、GRヤリスにも搭載されている軽量かつコンパクトでパワフルな1.6リッター直噴3気筒ターボエンジン(最高出力300hp/最大トルク273lb.ft)を搭載。

 バルブ付3本出しマフラーをブラッシュドステンレス製チップでキャップすることで、エンジンの排気効率を向上させ、新型GRカローラ用にパワーアップさせました。

 このエンジンには、トヨタが20年以上ぶりに開発したスポーツタイプの全輪駆動システム「GR-FOUR」と組み合わされます。

 TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamと共同開発し、WRCドライバーによって磨かれたGR-FOURシステムは、シンプルかつ軽量でありながら、各ホイールの駆動力を最適化する設計により卓越したトラクションと制御を実現。

 ダート、レイン、スノーなど、さまざまなコンディションに対応するセッティングが可能です。

 また、ダイヤル操作で前後輪へのパワー配分を60:40、50:50、30:70と変更することができます。

 トランスミッションは、高トルクに対応するレブマッチ機構を備えた6速iMTを搭載しました。

 プラットフォームは「GA-C」をベースに、ドライバーの意のままに操れるハンドリング性能を実現。剛性アップのためにフレームの溶接箇所を大幅に増やし、構造用接着剤を多用して部品間の接合剛性を高めました。

 さらに新型GRカローラは、強度や安全性を犠牲にすることなく、性能を最大限に引き出すための軽量化を実現しました。

 とくに車体構造では、軽量な金属や素材を主要部分に多用するなど、徹底した軽量化を実施。ルーフにカーボンシート成形品(織物ではなく鍛造品)を採用しました。

 加えて、ボンネットやフロントドアパネルにアルミニウムを使用し、重要な部分には軽くて強い高張力鋼板を使用することで、衝撃力を安全に吸収・分散できる構造としました。

 新型GRカローラのノーズは、空力性能を最大限に引き出すため、ルーフラインが先細りになっています。風の流れはリアスポイラーに導かれ、ダウンフォースを発生させます。

 ラリーカーのように、フロントとリアのカナードとGR-FOURの刻印が入ったロアロッカーの形状は、気流を効率よく車体側面に流すために装備。ボンネット、フェンダー、リアバンパーのダクトとフラットなアンダーフロアは、空気抵抗の低減やダウンフォースの増加、安定性の向上に貢献します。

 タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ4(235/40R18)を装着し、18インチのグロスブラック15スポークキャストアルミホイールを装備しました。

 また、安定した制動力とコントロール性を実現する対向キャリパーブレーキを搭載し、サーキット走行を安心して楽しむことが可能です。

※ ※ ※

 米国仕様の新型GRカローラは、「コア」と限定車の「サーキットエディション」のふたつのグレードを設定します。

 外観はワイドスタンス&ワイドハッチのスタイルとし、GRモデルに共通するブラックのマトリックスグリルによって攻撃的で力強いデザインを表現。

 LEDヘッドランプ(オートオン/オフ)とLEDデイタイムランニングランプを両グレードに標準装備されたほか、GR-FOURのロゴが刻印されたサイドロッカーが備わります。

 サーキットエディションのフロントグリルはグロスブラックで統一。LEDフォグランプを内蔵しています。また、機能的なエアダクトを両サイドに配しました。

 さらに、鍛造カーボンファイバー製ルーフやワイドフェンダー、グロスブラックのエアダクトが機能的なフードバルジ、スポーティなリアスポイラー、マットブラックのルーフマウント型シャークフィンアンテナを装着します。

 リアは、両グレードともエアベントを備えたリアロアバンパーカバーを採用。サーキットエディションではこのエアベントをグロスブラックにすることで、さらに質感を高めました。

 また、サーキットエディションにはマットブラックのリアスポイラーを、コアグレードにはグロスブラックのリアリップスポイラーを高位置に装着しています。

 さらに、サーキットエディションは前後軸の左右の駆動トルク配分を制御してコーナリング性能とグリップ力を高めるトルセン「LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)をフロントとリアに装備。

 前後LSDは、4WDオープンデフを標準とするコアグレードの「パフォーマンスパッケージ」の一部として設定されています。

 ほかにも、サーキットエディションはレッド塗装のキャリパーとGRロゴを標準装備するなど、スペシャルなアイテムの数々が盛り込まれました。

【画像】オマエ、ホントにカローラか!? テンロクターボ&エアロで武装した新型GRカローラが本気すぎっ!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 衝突被害軽減ブレーキを義務化の煽りで
    MT車では開発が困難な為にスバルも日産も断念してますから、さすがのトヨタも今更数%しか売れないMT車の為に開発しないだろうから
    現実的に日本では非装置車の認可受付は去年の11月に締め切られてるからMT車は売れないからCVTのみでの販売はするのかなぁ⁉️