【オービス】最新機器が神出鬼没! 車の「スピード超過」7つの取締り方法とは? 進化が続く違反摘発&事故防止の取り組み

速度超過による走行は、重大な交通事故を招く恐れがあり、本人だけでなく周囲も巻き込むとても危険な行為です。そこで、事故を未然に防止するために日々おこなわれている速度超過の取締り方法についてまとめました。

春の全国交通安全運動の前におさらい

「令和4年春の全国交通安全運動」が、2022年4月6日から15日までの10日間実施されます。

 陽気も良く各地から花の便りも届き、絶好の行楽シーズンが到来します。クルマで出掛ける機会も増えるのではないでしょうか。

固定式オービスHシステム(撮影:オービスガイド)
固定式オービスHシステム(撮影:オービスガイド)

 しかし、そのような時に気を付けなければならないのが、交通事故です。スピードの出しすぎによる悲惨な事故のニュースも後を絶ちません。

 そこで警察は、事故を未然に防ぐためにさまざまな方法でスピード違反車両を検挙しています。その件数は多く、2021年中だと106万4818件にも上ります(警察庁調べ)。1日あたりだと約2900件、1時間あたりだと約122件になる計算です。

 そこで今回は、その速度超過の多彩な取締り方法や種類を筆者の観点でまとめました。

 予めお断りしますが、取締りの種類や名称などについて、定義などはっきりと決まったものはなく、各個人でとらえ方や認識も異なり、人それぞれの呼称があると思います。

 あくまでも「オービスガイド」を運営する筆者(大須賀克巳)が情報提供をするため、全国の取締りを10年以上調べてきたなかで、独断で決めている部分もあることをご了承ください。

1.有人による速度取締り(通称、ネズミ捕り)

 ネズミ捕りは、警察官が計測と違反処理を現地でおこなう方式です。

 ネズミ捕りは、全国各地でおこなわれており、取締り場所も決まっていますが、おそらく検挙件数が最多なのもこの方法と思われます。

 このネズミ捕りの方法は(筆者による分類になりますが)大きく分けて3種類があると考えます。

(1) 警察官による機器を使用したネズミ捕り

 計測係の警察官が、レーダーや光電管などの速度計測機を使って速度超過のクルマをチェックします。

 レーダーや光電管を路上に置き、その前を通過したクルマの速度超過を確認すると、通常、計測係から停止係に無線で連絡をします。

 停止係は予め前方で待機し、赤い止まれの旗を出して違反車両を停車できるスペースへ誘導します。

 この停車スペースは通称「サイン会場」などとも呼ばれ、違反の内容により通称「青キップ」や「赤キップ」などの違反処理がおこなわれます。

「ある程度場所が決まっている」理由は、この違反処理をおこなう停車スペースが必要だからです。

ネズミ捕りでの違反車両を「サイン会場」へ誘導(撮影:オービスガイド)
ネズミ捕りでの違反車両を「サイン会場」へ誘導(撮影:オービスガイド)

(2) パトカー、覆面パトカー、白バイなどによる待ち伏せ方式のネズミ捕り

 スピードを出して走行するクルマを、警察車両が横道で待つ、「待ち伏せ方式のネズミ捕り」があります。

 高速道路などではPAやSA、一般道では横道や空き地などに待機していることが多いです。

 スピードを出した車両が通過するとすぐに追尾し、赤色灯を回し、一定の距離を違反車両と同じ速度で走行し速度を計測します。

 スピード超過を確認すると、サイレンを鳴らして違反を知らせるとともに、路肩などに呼び止めて違反処理をします。

(3) レーザーパトカー、レーダーパトカーによるネズミ捕り

 北海道などで盛んなのが、レーザーパトカーやレーダーパトカーによるネズミ捕りです。路肩などに停めたパトカーの屋根に載せた計測器で速度を測る方式です。

 速度超過が計測されるとパトカーは違反車を追跡し、パトカー内などで違反処理をおこないます。

【写真】速度取締りの「ナマ現場」を撮影! 実際の光景を見てみる(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 「雨の日は取締をしない」というのは本当か?まであると面白いかも。警察OB曰く、雨だと危ないからやらないと聞きましたが。単に濡れるのが嫌だからが本音かも?。
    自分はオービスの場所は場所は把握しているので移動も固定も一度も捕まった事がありません。白バイやパトカーからもスピードが出そうもない軽貨物ばかり乗っているのでマークされず、警察の好みそうなスポーツカータイプと違って取締対象外車種みたいなものです。
    速度も常識の範囲内ですし、行動半径にある定番の取締ポイントと事故多発地点は全て頭に入っています。後は、交通死亡事故が続くと付近で県警が張り切りだすってこともポイント。
    いづれにしても危険感受性が高ければ道路の状況に応じた速度で走れますので、道路ごとにどんな危険が潜んでいるのか敏感に読み取れれば自然と速度も抑え気味になります。むしろ、取締の定番ポイントで捕まる人の思考が理解できないですね。

  2. オービスやねずみ取りなどの警察の取り締まりに文句垂れるのは法を守れない駄目な程度の奴

  3. 道路交通法第20条により、右車線は追い越し車線の為、追い越し車線を走行しなければ煽られる事は少なくなるので、常にキープレフトを意識

    • その前に速度を守れよ

    • 追い越し車線なんて無くしたら良い
      制限速度守ってたら煽られ運転とかわけわからん
      制限速度は最低速度ではない!
      本来なら1キロオーバーから違反
      まぁ明らかに遅い奴もいるから最低速度もしっかり守ってもらわないかんが、そんなやつより速度違反が多く危ないからな

  4. 制限速度守ればいいだけの話やのに何故取り締まりに対して文句を言う人が多いのか…

  5. 本来なら1キロオーバーから違反
    60制限なら55プラスで走るべき
    技術発展で誤差なども少なくなってきた
    いい加減10キロオーバーから厳罰に取り締まって欲しい!制限速度は最低速度ではない