スズキが新型「ワゴンR」を投入!? 軽規格を超えた巨大ボディ採用 その姿とは? 約82万円から 印で発表

マルチ・スズキが新型「ワゴンR」(インド仕様)を2022年2月25日に発表しました。燃費性能が向上したほか、2トーンカラーも設定したといいます。

現行モデルは2019年に登場

 スズキのインド子会社「マルチスズキ」が、2022年2月25日に「ワゴンR」(インド仕様)の改良モデルを発表しました。2トーンカラーを設定したほか、燃費性能が向上したといいます。

 そんなインド仕様のワゴンRですが、日本のワゴンR(軽自動車)とは異なる独自ボディを採用したクルマとして販売されます。どのような特徴があるのでしょうか。

インドで発表されたスズキ新型「ワゴンR」
インドで発表されたスズキ新型「ワゴンR」

 インド仕様の現行ワゴンRは、2019年1月23日に現地で発売されました。

 Aセグメントのコンパクトカーに位置付けられ、ボディサイズは全長3655mm×全幅1620mm×全高1675mm。軽自動車のワゴンR(全長3395mm×全幅1475mm×全高1650mm)に対して、全長が260mm長く、全幅が145mm広い点が大きな違いとなります。

 高い剛性と軽量化を実現したHEARTECTプラットフォームを採用し、エンジンは1リッター(ガソリンもしくはCNG)と1.2リッター(ガソリンのみ)が設定されます。

 前述の改良モデルでは、モノトーンカラーのほかにレッド×ブラックとグレー×ブラックの2トーンカラーが設定されたほか、新デザインのアルミホイールを採用したことでよりスタイリッシュな外観にまとめられました。

 内装に7インチディスプレイのSmartPlay Studioを搭載したほか、環境性能面では各仕様で燃費向上を実現。なかでも1.2リッター(ガソリン)の燃費性能は、従来比で19%向上した24.43km/L(AGS仕様)を実現しています。

 インドにおける改良モデルのワゴンRの価格は、1リッターエンジン搭載車が53万9500ルピー(約82万円、1ルピー1.52円で計算)から、1.2リッターエンジン搭載車が59万9600ルピー(約91万円)からに設定されます。

 スズキが海外で展開する車種を見ると、例えば「キャリイ」も軽自動車規格を上回るサイズの独自ボディ仕様が東南アジアなどで販売されており、市場に応じた各仕様が展開されていると分かります。

 それではここでクイズです。

 スズキは日本の軽自動車規格と同じボディ・同じエンジン排気量の「アルト」を、とある海外市場に投入。2019年6月15日より販売を開始し、日本の軽自動車が海外で展開された事例として話題となりました。その国とは、次のうちどれでしょうか。

【1】インド

【2】タイ

【3】パキスタン

【4】ブラジル

※ ※ ※

 正解は【3】のパキスタンです。

 発売されたモデルは日本の8代目アルトに準ずる仕様で、パキスタンの気候に合わせてフロントグリルの空気導入口が拡大・追加されるなどの変更はあったものの、基本的には日本と同じ仕様で発売されました。

 なお、パキスタンにおける生産販売子会社「パックスズキ」が生産を担当する現地生産車となります。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

スズキ・ワゴンR のカタログ情報を見る

【画像】スズキ 新型「ワゴンR」発表!? 軽規格を超えた巨大ボディを採用 その姿とは? 画像で見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント