三菱「K-EVコンセプトXスタイル」世界初披露! まもなく市販される新型軽自動車EVってどんなクルマ?

三菱自動車は2022年1月14日、千葉・幕張メッセで1月16日まで開催されている「東京オートサロン2022」において、コンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル」を世界初披露しました。

パッと見は「eKクロス」のように見えるK-EVコンセプトだが……

 三菱自動車は、2022年度初頭に軽自動車EV(電気自動車)の新型を発売する予定ですが、どうやら専用ボディではなく既存のモデルをEVにコンバージョンしたタイプとなるようです。

 何を隠そう、東京オートサロン2022に出展された「K-EV concept X Style(ケーEVコンセプト クロススタイル」はまさにその新型EVそのもの。

 パッと見たところはすでに販売している「eKクロス」のように見えるスタイリングですが、じつは今後発売予定の新型電気自動車なのです。

三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」
三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」

 今回の東京オートサロンでの展示はコンセプトモデルとして“発売前のチラ見せ”といっていいでしょう。実際には“チラ”ではなく、実車の試作車両そのものですが……。

 とはいえ、eKクロスに似ているとはいっても、スタイリングにはいくつかの変更点があります。

 フロントを見ると、グリルはガソリン車のeKクロスがメッシュなのに対して、展示しているEVモデルは板を張ってグリルを閉じたようなデザイン。フロントグリルから風を取り込む必要がないEVは、空気抵抗の軽減のためにグリルをふさぐのが一般的で、この新型軽EVもそうなっているというわけです。

 また、バンパー下部の意匠も専用。eKクロスでは丸形としているフォグランプが四角くなり、それにあわせて周辺のパネルも専用になっています。

 よく見ると、バンパー下部中央がアンダーガード風の仕立てになっているのもeKクロスにはないアクセントですね。

 またフロントフェンダーとテールゲートにEVを示すバッジが付くほか、ホイールも専用デザイン。展示車両のタイヤはプレミアムなブリヂストン「レグノGR-Leggera」を履いていましたが、これは参考展示仕様で市販版とは異なるようです。

【画像】東京オートサロンで世界初披露! 三菱「K-EVコンセプト Xスタイル」を画像でチェック(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 多分セカンドカーとしては最上だろう。 当方のアウトランダーPHEVの2トン近いAWDでも、市中なら8㎞/㎾hくらい走るときもあるくらいBEV性能は優れているから、20㎾hもあれば軽量だから実行走行可能距離は200㎞でるんじゃ無いか。
    このクラスの購買層はほぼセカンドカー一戸建ての比較的裕福層だろうから、自宅充電メインだろう。
    難点を指摘するなら、そういう購買層がこの顔を好むか?と思うよ。
    もっと上品に仕立てないと。 弱小ニッチメーカーは、万人ウケする商品はトヨタ寡占市場では生き残れないから、ターゲットを明確にして企画した方が良い。やっと新車買いましたから立派でしょう的なエグい顔が好きな人はトヨタに任せれば良い。 本当のリッチ層は目立たないことを好むから。