15年分を1か月で販売!? ホンダ新型「アコード」なぜ好調? 日本は低迷も中国で爆売のワケ

なぜ? 中国で爆売れの背景とは

 2020年の中国国内における乗用車の累計販売台数を見ても、21万574台を売り上げて中国国内でもっとも売れているミドルサイズセダンという称号を手に入れたわけですが、なぜアコードがそんなに人気なのでしょうか。

 もっとも大きい要因は前述の通り、その高い品質にあります。

 カッコよくてスポーティなルックスだけでなく、壊れにくいという点が中国国内では大きく評価されています。

 また、一汽フォルクスワーゲン「マゴタン」や上汽フォルクスワーゲン「パサート」、広汽トヨタ「カムリ」、東風日産 アルティマなどのライバル車と比較しても、燃費やリセールバリュー、価格、運動性能、信頼性のすべてにおいて、アコードが優っているという意見が多く聞かれます。

「ミドルサイズで迷ったらとりあえずアコードを選べ」といいたくなるほど、アコードは純粋に良いクルマであると認識されているのでしょう。

中国のミドルセダンのなかで人気なホンダ「アコード」
中国のミドルセダンのなかで人気なホンダ「アコード」

 一般的に、新車が登場し、数年が経つにつれて販売台数が落ちていきます。

 その落ちていく販売台数に再び勢いをつけるため、そしてライバル車に遅れを取らないためにもマイナーチェンジはおこなわれます。

 ですが、アコードの年別累計販売台数を見てみると、現行モデルの登場初年である2018年が17万6769台、2019年が22万3706台。

 そして2020年は新型コロナウィルス感染症の影響を受けたものの21万574台と、その販売台数は常に一定の台数を維持しています。

 ここからも中国では高い評価を得ているのが見てとれます。

 よりスポーティなデザインになっただけでなく、安全運転支援システムのアップデートや先進的なコネクテッド機能の搭載など、さまざまな要素を含んだ今回のマイナーチェンジでアコードの売り上げは今まで以上に加速することになるでしょう。

 アコードのこれからの大躍進に期待したいと思います。

ホンダ・アコード のカタログ情報を見る

【画像】美しすぎるスタイリング! 新型「アコード」はどんな内外装? 実車を画像で見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本で低迷のワケ
    ・もう終始日本未導入で良い気がする最速導入から日本導入まで2年以上遅れ
    ・同じグレードでも日本での販売価格が現地と比べて130万円ぐらい高いのは不自然を通り越して買う前から目に見えるぼったくり
    ・立体駐車場に多い全幅制限1850mmに入らず下手するとハイルーフ車以上に停めれる場所が限られる
    ・ホンダの日本担当がろくに売る気がない
    こんな売り方してるから日本でのホンダはN-BOXとフリード以外ろくに売れない会社に落ちぶれた

  2. >15年分を1か月で販売!?
    ↑↓
    >なお、日本におけるアコードの販売台数は近年、月間平均200台以下だといい、単純計算すると日本で販売される約15年分を中国では1か月で受注した計算になります。

    記事のアクセス数を増やしたいのだろうが、これをやっちゃオシマイだろ。ライターやめるべき。