「輸入車No.1」へ返り咲きなるか!? 新型「ゴルフ」 日本上陸から約半年の通信簿とは

2021年6月に日本で発売されたフォルクスワーゲン(VW)新型「ゴルフ」。同年7月にはそのワゴンモデル「ゴルフ ヴァリアント」も登場しています。今後さらにスポーツモデルの「ゴルフGTI」、ディーゼルの「TDIモデル」など続々とラインナップに加わる予定ですが、日本上陸からおよそ半年の販売状況はどうなのでしょうか。

ハッチバックに続き7月には「ゴルフ ヴァリアント」も上陸

 フォルクスワーゲンの主力モデルである「ゴルフ」。その最新世代である、8代目モデルが日本で発売になったのは2021年6月15日。発売から約半年が経とうとした現在、最新ゴルフの販売状況などを紹介します。

2021年6月に日本で発売されたVW新型「ゴルフ」
2021年6月に日本で発売されたVW新型「ゴルフ」

 VWゴルフの世代交代は8年ぶりとなります。2013年より日本で発売された先代の第七世代のゴルフ(通称ゴルフ7)は、輸入車として初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得。走り、環境性能、安全性能、価格など、様々な側面から見てバランスが良いという、非常に高い評価を得たモデルでした。

 そんな先代モデルのベースを引き継ぎ、現代に相応しく「デジタル化」「電動化」「ドライバーアシスタントシステム(先進運転支援システム)」を進化させたのが、新世代となる第8世代のゴルフです。

 インテリアには、通信機能を備えたインフォテイメントシステムとデジタルメーターを標準化。シフトなどの操作系も新世代を感じさせるシンプルなものとなりました。

 パワートレインには、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用。組み合わせるエンジンは現在、最高出力110馬力の1リッターおよび150馬力の1.5リッターのガソリン・ターボエンジン(TSI)の2種。2リッターディーゼルエンジンの「TDI」やスポーツモデル「ゴルフGTI」も、もうまもなく日本にやってくる予定です。

 また、ステアリング操作をアシストしながら前走車を追従するACC機能だけでなく、運転手が病気などで意識を失ったときに自動で車両を停止させる機能など、最先端の運転支援システムが搭載されています。

 車両価格は291万6000円(消費税込、以下同)から375万5000円。発売前となる2021年2月より開始された先行予約では、約1か月で受注が1000台を突破したとか。

 また、7月28日にはステーションワゴンの「ゴルフ・ヴァリアント」を追加発売しています。パワートレインは、ハッチバックと同じく1リッターと1.5リッターの2本立て。こちらの価格は、305万6000円から389万5000円となっています。

正常進化して登場しておよそ半年 VW「ゴルフ」を画像で見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント