トヨタ新型SUV「RAV4 エッジHV」発表! ゴツ顔4WDに「販売7割」占める人気仕様拡充 「XSE」も追加し豪州上陸

豪州トヨタがクロスオーバーSUV「RAV4」のラインナップを拡充。最上級グレードにハイブリッド車を追加するとともに、ミドルクラスの新グレード「XSE」を設定します。それぞれどのようなスペックなのでしょうか。

全グレードでハイブリッドが選択可能に

 トヨタの豪州法人は2021年11月24日、クロスオーバーSUV「RAV4」のハイブリッド仕様を拡充し、あわせてミドルクラスの新グレード「XSE」を追加すると発表しました。

豪州トヨタが「RAV4」のラインナップを拡充
豪州トヨタが「RAV4」のラインナップを拡充

 新たに加わるXSEは、2022年の第1四半期に豪州で発売を控える新型車では「GXL」と「クルーザー(Cruiser)」の間に位置し、2WDと4WDのハイブリッド・パワートレインを搭載しています。

 また、最上級グレードの「エッジ(Edge)」にもハイブリッドが追加され、RAV4の豪州における全グレードでハイブリッドを選択できるようになります。

 トヨタ豪州副社長のショーン・ハンリー氏は「RAV4のハイブリッドモデルに対するお客さまの需要は非常に高く、RAV4の全販売台数の70%以上を占めています」と述べています。

 XSEは、前後バンパー、グリル、フォグランプガーニッシュ、フェンダー、エクステリアミラー、ドアモールディング、2トーンルーフなどに、スタイリッシュなブラックのアクセントを施し、他のRAV4ラインアップとの差別化を図っています。

 グロスブラック仕上げの18インチアルミホイールは、目を引くツインスポークデザインを採用し、225/60R18タイヤを装着しています。

 XSEは、GXLの仕様に加えて、さまざまな改良が加えられています。

 ダークトーンのエクステリアテーマを継続し、ブラックのルーフヘッドライナーやピラーガーニッシュを採用しています。

 シートはソフテックス製を採用し、運転席と助手席には2段階のヒーター、運転席にはランバーサポートを含む10ウェイパワーアジャスターを装備。

 また、本革をあしらったドアトリムや独自のムード照明を採用することで、XSEのインテリアにプレミアムな雰囲気を醸し出しています。

 XSEには、2.5リッターのハイブリッド・パワートレインが搭載されており、2WDでは160kWの出力を発揮します。

 4WDの場合、後輪にふたつ目の電気モーターが加わり、合計出力は163kWとなります。

 また、滑りやすい状況ではスロットル、ホイールブレーキ、トルク配分を変更してトラクションを最大化するトレイルモード機能が追加されます。

 XSEの豪州での価格は、2WDハイブリッドが4万2825オーストラリアドル(約348万円)、4WDハイブリッドが4万5825オーストラリアドル(約372万円)です。

【画像】トヨタ「RAV4」がワイルドな顔つきに! 販売店独自仕様の「RAV4 ハイブリッド クロスベンチャー」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント