犬とのドライブに最適! ホンダのワンちゃんグッズが超使える! こだわりの“肉球”アイテムとは?

ホンダはペット用品にも力をいれています。犬をクルマに乗せて出かけるための純正アクセサリーが多数用意されていますが、どのような商品があるのでしょうか。

ホンダ純正「Honda Dog」シリーズってどんなもの?

 新型コロナ禍により、他人との接触を避けて楽しめるレジャーとしてアウトドアがブームになっている一方、外出自粛で家にいる時間が増えたことで、室内で飼える小型犬や猫の飼育数が年々増えているといいます。

 現在は感染状況も落ち着いており、ペットを連れて出かけたいと思っている人もいるでしょう。

犬をクルマに乗せるときは車内で動き回らないようにする
犬をクルマに乗せるときは車内で動き回らないようにする

 そんななか、ホンダ車の純正アクセサリーパーツの開発・販売をするホンダアクセスは、愛犬とレジャーに関する意識・実態についてアンケートをおこないました。

 2021年9月28日から30日までの3日間、自家用車を持っている20歳から69歳のドライバー1000人にアンケートを実施。

 このなかで、これまでに犬を飼ったことがある447人に「愛犬を連れてレジャーに行ったことがあるか」を聞いたところ、「ある」は37.8%、「ない」は62.2%という結果になりました。

 さらに、現在犬を飼っている人(149人)に、「2021年の秋に愛犬を連れてレジャーに行きたいと思うか」を聞いたところ、「そう思う」は58.4%となるなど、犬のオーナーの多くは、愛犬と一緒にレジャーを楽しみたいと考えているようです。

 また、犬を連れて出かけるとき、クルマに乗せる人も多いと思いますが、アンケートのなかでも犬の乗せ方に注意しているという回答者も存在しました。

 そんなペットブームの高まりもあり、前出のホンダアクセスではさまざまなアイテムを開発。「Honda Dog(ホンダドッグ)」というシリーズでホンダ純正の犬用アクセサリーを展開しています。

 2014年10月の同シリーズ発売以降、ペット関連イベントなどで集めた愛犬家からの要望を取り入れ、犬とのカーライフをより便利に楽しくするアイテムへと具現化してきました。

 犬をクルマに乗せるときに便利なアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。ホンダの軽自動車「N-BOX」を例に紹介します。

 時折、犬を膝に乗せたままクルマを運転したり、クルマの窓から犬が顔を出している光景を見かけることがありますが、これらは道路交通法違反にあたります。

 また、犬は自分の身を守ることができず、事故に遭ったときに命を落とす可能性も高いことから、クルマに乗せるときは車内で動き回らないようにすることが大切です。

 小型犬を乗せるときのアイテムとして、ソフトケージの「ペットシートプラスわん2」が適しています。側面と上部がメッシュになっていることで中の様子が見えるようになっていたり、内部には飛び出しを防止するリードフックが備わっています。

 助手席にも置けるため、ドライバー(飼い主)のそばにいられることで犬も安心できそうです。

 なお、シートベルトを使って固定するので、走行中にシートから落ちてしまうということもありません。

 小・中型犬用には「ペットシートサークル」がおすすめです。後部座席に取り付けるタイプとなり、前席のヘッドレストと後席のシートの背もたれにベルトを掛けて固定します。

 リードフックは備わっていませんが、ペット車外飛び出し防止リード(別売り)との併用が可能です。

 小型犬や中型犬であれば、市販のケージに入れてクルマに乗せることもできますが、大型犬となるとケージも大きく、荷室のサイズによっては載せられないこともあります。

 ホンダドッグが用意する「ペットシートマット」は後席2席分を使ったマットで、大型犬はもちろん、多頭飼いにも対応。軽自動車用のSサイズと登録車用のMサイズを用意しており、ペット車外飛び出し防止リードと同時に使えます。

 いずれも表面に撥水加工が施されていて簡単にお手入れができ、また、ペットシートサークルとペットシートマットは洗濯可能というのもうれしいポイントです。

 さらにホンダドッグは、クルマの内外装を犬仕様にするアイテムも充実しています。

 外装では肉球デザインの「ペットエンブレム」や「ペットセンターキャップ」、内装では「ペットインテリアステッカー」に「ペットセレクトノブ」といったかわいらしい商品をラインナップ。

 なかでもペットセレクトノブは、「しば」「しろ」「くろ」の3つのデザインが用意されていて、好みに応じて選ぶことができます。

 ちょうど手が触れる部分に配された肉球の触感も柔らかく、シフトチェンジのたびに癒されそうなアイテムです。

※ ※ ※

 ホンダは犬を飼っているユーザーに優しいディーラーの展開をおこなっており、犬と一緒に来店できたり、水飲み場を用意したり、ホンダドッグのアクセサリーを展示したりしています。

 全国で18店舗(2021年11月時点)とごく少数ではありますが、犬用純正アクセサリーの商品化とともに、ホンダ独自のユニークな取り組みといえそうです。

【画像】シフトやホイールを”肉球”カスタム!? ホンダドッグこだわりのアイテムとは(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント