ミニ・モークが電動化! 「eMOKE」は約460万円で2022年から発売予定

ミニ・モークといえば、ミニのコンポーネントを使い、外観はジープのような愛らしいスタイルで、一部のマニアにいまなお愛されるクルマです。そのモークが2022年からEVとなる予定です。

モークにも押し寄せる電動化の波

 コンパクトな車体サイズに、機能性のみを追求したかのようなスタイリング。1964年に誕生したミニ「モーク」は、当初アメリカの軍用向け車両として、ミニのエンジンやトランスミッション、サスペンションを流用して開発が進められたが、実際にはその計画は叶うことなく、主に民間車両のビーチカーとして人気を収めることになった。

愛らしいフェイスで人気の「MOKE」が、2022年にEVになる
愛らしいフェイスで人気の「MOKE」が、2022年にEVになる

 生産はイギリスやオーストラリアだけでなく、イタリアのバイクメーカーであるカジバなどでもおこなわれ、総生産台数は5万台を超えている。

 現在でもモークはイギリスのMOKE International Limited社によって、オリジナルの「MOKE」の商標が所有され、2017年以来その生産が継続されている。

 このMOKEが、2022年の夏に間に合うようにと、新プロジェクトを立ち上げた。

 それはこれまで生産されてきたガソリンエンジンを搭載する「クラッシックMOKE」の生産を中止し、2022年1月からMOKEのEV仕様となる「eMOKE」のみを生産するという、きわめて野心的なものである。

 予約はすでに開始されており、現在の段階でオーダーを入れれば、来年の夏にはeMOKEとともに、世界中のビーチでその走りを楽しめるという。

 MOKEインターナショナル社のCEO、イソベル・ダンドー氏は、2022年1月1日以降、これまでの内燃機関を搭載したMOKE(ICE MOKE)をオーダーすることはできなくなり、その最後のモデルを入手するのならば、イギリスの公式ディストリビューターである、ヘンディ・グループを通じて2021年中におこなうことを勧めている。

 それはMOKEが完全なEVメーカーとなることを世界に広く宣言するとともに、自らの退路を断つ言葉ともいえた。

●近所のアシグルマとして使える、航続距離144km

 オープントップのeMOKEで、美しいビーチリゾートをドライブする爽快さ、そしてスリルに匹敵する楽しみはないだろう。この体験は、EVパワートレインから発生した瞬時の電力供給によって、さらに楽しくなる。

 eMOKEに搭載されるエレクトリック・モーターは33kW仕様で、車重はわずかに800kg。最高速度は100km/h。フル充電に必要な時間は2EU規格で約4時間。航続可能距離は約144kmと発表されている。

 すべてのeMOKEは、右、左の両ハンドルの選択が可能だ。ベース価格は2万9150ポンド(邦貨換算約456万円)+付加価値税(EVのインセンティブは含まれない)。

 バッテリーセル、モーター、インバーターはすべて、ヨーロッパのサプライヤーから供給され、イギリス国内で特注設計されているという。

 またeMOKEは、ドライビングプレジャーを大幅に、そして現代的なレベルにまで向上させることを目的に、新たに設計されたモデルだ。アルミニウム・パネルの採用による軽量化やブレーキシステムの改善などは、その一例である。さらにパワーステアリングや回生ブレーキが、日常的な使いやすさをカスタマーに提供することになる。

 はたしてこのeMOKE、日本でその姿を拝む日は訪れるだろうか。

【画像】「MOKE」のEVは、500万円弱で購入可能!(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント