時代を切り開いた先駆者! 後に続くモデルの原動力になった5ドアハッチとは

これまでにたくさんのクルマが誕生していますが、そのなかには後のモデルに影響を与えたモデルが存在します。今回は5ドアハッチバックに焦点を当て、先駆者的なモデルを3台紹介します。

後に続くモデルに影響を与えた先駆者とは?

 国産車は110年以上もの歴史があります。毎年さまざまなクルマが誕生しており、これまでには数えきれないほどのモデルが世に送り出されています。

 そのなかには先駆者的なモデルも多く存在。5ドアハッチバックに焦点を当て、後に続く原動力となったモデルを紹介します。

ハイブリッド車の普及に貢献したトヨタ2代目「プリウス」
ハイブリッド車の普及に貢献したトヨタ2代目「プリウス」

●トヨタ「プリウス」

 1997年に世界初の量産ハイブリッド車として誕生したトヨタ「プリウス」。

 初代モデルの前期型では後席背もたれの裏側にたくさんの駆動用電池を搭載していましたが、2000年のマイナーチェンジで駆動用電池が小型化し、トランク床部に収納されました。

 そして2003年にフルモデルチェンジされた2代目プリウスは、小型化された駆動用電池を活かした5ドアハッチバックとなりました。

 同時にエンジンをパワーアップし、ハイブリッドシステムを構成する部品も小型化されて、ようやく1.5リッターのガソリンエンジン車と同等の走行性能を手に入れたのです。

 少し速く走るとすぐに「出力制限警告灯」が点灯した初代プリウスと比較すると、2代目プリウスは普通に走行できるようになりました。

 さらにプリウスに追い風が吹きます。

 2005年頃、アメリカの製油所を台風が襲った時期にガソリン価格が高騰。クルマに関心が薄い一般の人にも「エコカー」としてプリウスが注目されるようになりました。

 販売は急激に伸び、トヨタ車の販売台数に占めるプリウスの割合が急増したのです。

 3代目プリウスの発売開始後1か月間の受注台数は、1万台の月販目標に対して約18万台を受注し、納車は最大で約7か月待ち。

 2010年には約31万5000台を販売したという、いまも破られていない記録を打ち立てました。

 現在では各社から多種多様なハイブリッド車が登場。ハイブリッド車が広く普及したのは、プリウスの存在があったからというわけです。

トヨタ・プリウス の中古車をさがす

【画像】先進的だった! 時代を切り開いた5ドアハッチとは(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント