レクサス新型「NX」に興味津々!? オーナーは新型モデルのどこに魅力を感じてる?

次世代レクサスの第1弾として、2021年秋に登場予定の新型「NX」。レクサスオーナーは新型NXについてどのような印象を抱いているのでしょうか。

エクステリアはキープコンセプトでも中身が大きく進化する新型NX

 レクサスのクロスオーバーSUV「NX」がフルモデルチェンジし、2代目となる新型モデルが2021年秋に登場します。

 それに先立ち、同年6月に新型モデルが世界初公開されました。

 2014年にデビューした初代NXは、扱いやすいサイズのプレミアムSUVとして登場。そして新型NXは初代のデザインをキープしながら、次世代レクサス第1弾としてさらなる進化を遂げます。

2021年秋登場予定のレクサス新型「NX」
2021年秋登場予定のレクサス新型「NX」

 ボディサイズは全長4660mm×全幅1865mm×全高1640mm、ホイールベースが2690mmとなり、全長・全幅は20mm、全高は5mm、ホイールベースは30mm拡大。

 スピンドルグリルやヘッドライトの形状を変更するとともに、リヤコンビネーションランプは最近流行りの一文字のデザインを採用するなど、新型NX独自の個性を表現しました。

 中身は大幅に刷新されており、プラットフォームはトヨタ「カムリ」「RAV4」「ハリアー」やレクサス「ES」にも使用されている「GA-K」へ変更。

 20インチタイヤを装着することを考慮してサブフレームや足回りに専用パーツを使い、各部を補強するなど、かなり手が加えられているといいます。

 パワートレインは、2.5リッターエンジン+モーターのプラグインハイブリッド(PHEV)をレクサス初搭載。

 高熱効率な2.5リッター直列4気筒エンジンに大容量・高出力リチウムイオンバッテリー、フロント・リヤモーターを搭載。

 リチウムイオンバッテリーは高い総電力量18.1kWhを備え、クラストップレベルのEV走行可能距離と十分なパワーを両立しています。

 走行モードは4つ(EVモード/AUTO EV・HVモード/HVモード/セルフチャージモード)から選択可能で、HVモードではエンジンとモーターの併用により高い加速性能を実現しました。

 また、AUTO EV/HVモード選択時にナビの目的地を設定することで、レクサス初の「先読みEV/HVモード切りかえ制御」がはたらき、駆動用電池の残量や経路、交通情報といったデータをもとに、高速道路などにおいては自動的にHVモードに切りかえてエネルギー効率の良い走りをおこなう機能も備わっています。

 さらに、新開発の2.4リッターターボに加え、2.5リッターハイブリッドと2.5リッターガソリンが設定されます。

 駆動方式は、PHEVはE-Four、ハイブリッドはFFとE-Four、ターボはAWD、自然吸気エンジンはFFとAWDが選べるなど、多彩なパワートレインが用意されました。

 キープコンセプトのエクステリアと違い、インテリアは大幅に刷新されています。新型NXはインパネ中央に配置されたディスプレイをドライバー側に傾けるなど、これまで以上に運転する人中心のコクピットへ変更。

 しかも電動レクサスをイメージしたコンセプトカーの意匠を盛り込み、かなり近未来的なデザインとなっています。

 大型化/高解像度化した14インチワイドディスプレイですが、タッチパネル方式を採用したことから、センターコンソールに設置されていたコントローラーが廃止されました。

【画像】これはイケメン! 内外装ともにカッコ良く進化するレクサス新型NX(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 全くイメージがわかない、何処フルモデルチェンジか定かでない。
    残念ですね!