2035年に欧州が完全EV化!? ハイブリッドもNG? HV元祖のトヨタに与える影響は?

クルマの電動化が進む中、欧州は2035年に販売する新車を完全EVに移行するという方針を掲げました。実質的にハイブリッド車も販売が禁止されるものとみられますが、トヨタをはじめとした日本車メーカーにどのような影響があるのでしょうか。

欧州で事実上ハイブリッド車が禁止になる!?

 2021年7月14日午後9時過ぎ、「欧州で2035年完全EV化の方針」という報道がネット上で一気に拡散されました。「まさかハイブリッドもNGになるなんて」と、眠気が覚めてしまった日本の自動車業界関係者が少なくなかったでしょう。

 こうした欧州での方針が日本市場にどう影響するのか、ユーザーとしても目が離せない話題だと思います。一体どういう背景があるのでしょうか。

ハイブリッド車を世界で初めて量産化したトヨタ
ハイブリッド車を世界で初めて量産化したトヨタ

 欧州連合(EU)の執務機関である欧州委員会(EC)が、温室効果ガスの低減の目指す欧州グリーンディール政策の一環として、今後に向けた包括的な提案を発表しました。

 欧州グリーンニューディ―ル政策は、2050年までのCO2など温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという目標を掲げていて、現状でも「欧州は世界でもっともCO2規制や燃費規制が厳しい」といわれています。

 そのため、日系自動車メーカー各社のエンジンや電動化に関する開発担当者のほとんどが、「欧州CO2規制を最重要視して、それからアメリカ、中国、そして日本との規制内容とのすり合わせをする」と指摘するほどです。

 その欧州で今回の発表で明らかになったのが、「2035年の内燃機関(ICE:インターナル・コンバッション・エンジン)の新車販売を実質的に禁止」という厳しい内容です。

 これまで欧州各国が独自の達成目標として、20〇〇年までにガソリン車・ディーゼル車の新車販売禁止を表明してきましたが、電動化の解釈として一気にEV化するというのではなく、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車も併存するという考えが主流でした。

 一方、今回の欧州委員会が包括的な提案を冷静に読み解くと、内燃機関の機能を併用するハイブリッド車やプラグインハイブリッド車も、事実上は2035年新車販売禁止と捉えることができます。

 これに対して、各国の自動車メーカー関係者らが欧日メディアに対してコメントしており、メーカーとして早期に電動化戦略変更を強いられるうえ、目標達成は極めて難しいという見解が紹介されています。

 ハイブリッド車といえば、世界に先駆けて「プリウス」を量産車として世に送り出したトヨタが本家本元です。トヨタのハイブリッド車は、2021年2月時点でグローバル累計販売台数が1700万台を超えました。

 2021年5月12日におこなわれた2021年3月期決算発表の際、記者からの質問に答える形で同社の執行役員でありチーフコミュニケーションオフィサーの長田推氏が直近のトヨタの電動化目標について説明しています。

 それによると、2030年における電動車販売台数見通しはグローバルで800万台。このうちの25%にあたる200万台が完全なEVを示すBEV(バッテリーEV)とFCEV(燃料電池車)と設定しています。つまり、ハイブリッド車が電動車の大半を占めるということです。

 地域別で見ると、日本は電動化率95%、そのうちBEVとFCEVを合わせたEV率は10%。北米は電動化率70%/EV率10%、中国は電動化率100%/EV率50%、そして欧州は電動化率100%/EV率40%となります。

 今回の欧州委員会の提案に準じるとなると、2030年見通しの40%をそこから5年間という短い期間で一気に100%することになり、現実的には極めて難しいといわざるを得ません。

 トヨタとしてもグローバルで行政機関への渉外活動などを通じて、欧州委員会の動向を事前にキャッチしていたはずですが、今回の欧州委員会の提案を大きな衝撃として捉えていることは間違いないでしょう。

【画像】ハンドル形状が超斬新!? トヨタの新型SUV「bZ4X」(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 各メディアは主語が大きすぎないですかね?
    そういう案がでただけで議会の承認も何もされてないわけですし。

  2. 日本が真に受けて心配するほどの事はではない、
    むしろ地球温暖化政策世論に押され世界をリードしてる気になってる
    EUの委員たちのこのような行き過ぎた政策案は
    菅政権のカーボンニュートラル政策論同様
    しょせん単なる政治パフォーマンスの大風呂敷と見といた方が良いでしょう、
    真に受けてこんな性急なBEV一辺倒な規制案通してたら
    バッテリーのEU域内生産に固執してる事もあり。
    中国らと対立し行き詰るのが目に見えてる。
    半導体不足問題と同様にバッテリー調達不足が生産の足かせになるから
    このまま保護主義的にブロック経済化しBEVだけに固執するのであれば
    あくまで可能性の話でしかないがEUの方がむしろ
    他国と同調できずに貿易不均衡を起こし孤立してくリスクを招きかねないでしょう
    EUが強引な電動化施策を突き進めたら世界から取り残されて崩壊するなんて事になるかも知れない。
    ある意味多様なパワーユニットの技術を持つトヨタ連合の方が
    各国の法規制に柔軟に対応出来る分強いですからね
    EUの規制に一喜一憂し慌てふためくのは馬鹿メディアだけさ。