メルセデス・ベンツ新型「Cクラス」 6月29日に日本上陸! 5代目はどう変わった?

メルセデス・ベンツ日本は2021年6月29日に、5代目となる新型「Cクラス」を日本で発表します。

7年ぶりのフルモデルチェンジとなるDセグメントのリーダー

 メルセデス・ベンツ日本は2021年6月29日に、5代目となる新型「Cクラス」を日本で発表します。

2021年6月29日に日本で発表される5代目となるメルセデス・ベンツ新型「Cクラス」
2021年6月29日に日本で発表される5代目となるメルセデス・ベンツ新型「Cクラス」

 Cクラスは、1982年にメルセデス・ベンツ初のDセグメントモデルとして登場したW201型「190クラス」を起源とするモデルで、常にセグメントのベンチマークとされているモデルです。1993年に登場したW202型で、はじめてCクラスという名称に変更されました。1982年の登場以来、全世界での販売台数は1050万台を超えています。

 日本においては2014年から発売されている4代目となる現行型Cクラスですが、セダンとステーションワゴン合わせて累計10万台以上を販売、2014年から2019年まで年間のDセグメント登録台数ナンバーワンを達成しています。

 今回2014年以来7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型Cクラスは、フラッグシップモデルである「新型Sクラス」(2021年1月発表)ゆずりの、新技術とデザイン要素を多数採用しながらも、随所にCクラスらしいスポーティさも表現しています。

 2021年5月25日からは先行予約開始に先立ち、キャンペーン「新型Cクラス先行予約特典」のエントリー受付を開始しており、すでに1000件以上の受注が入っているといいます。

※ ※ ※

 今回日本に上陸する新型Cクラスは、2021年2月23日に世界初公開されています。

 新型Cクラスセダンは、全長4751mm×全幅1820mm×全高1438mm、ホイールベースは2865mm(欧州仕様)と、現行型と比較して全長はプラス65mm、全幅はプラス10mm、全高はマイナス9mm、ホイールベースはプラス25mm。全体的に大きくなっているのが特徴です。

 さらに同日に世界初公開された新型Cクラス ステーションワゴンも同じボディサイズですが、こちらは現行モデルと比較すると全長はプラス49mm、全幅はプラス10mm、全高はマイナス7mm、ホイールベースはプラス25mmとなります。

メルセデス・ベンツ新型「Cクラスセダン」
メルセデス・ベンツ新型「Cクラスセダン」

 このボディサイズの拡大により、室内スペースも広くなっているのが特徴です。エルボールームはフロントで22mm、リアで15mm広がり、ショルダールームもフロント26mm、リア13mm広がっています。荷室容量は、セダンはVDA値455リッターで変わらず、ステーションワゴンは通常時490リッター、最大時1510リッターと、現行型と比較してそれぞれ30リッターずつ増えています。

【画像】まもなく日本上陸! メルセデス新型「Cクラス」はどう変わった? 画像でチェック(50枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント