全面刷新の高級SUV新型「NX」何が変わった? トヨタ&スバルの良さ活かした次世代レクサス第一弾とは

2021年6月12日に発表された2代目となる新型「NX」は、次世代レクサスの第一弾として登場しました。ブランド初のPHEV化&新開発ターボなどさまざまなユーザーに適した仕様を展開する新型NXとは、どのようなモデルなのでしょうか。今回は、チーフエンジニア(CE)の加藤武明氏と、レクサスデザイン部 部長の須賀厚一氏の独占インタビューを紹介します。

見た目以上に大幅刷新された新型「NX」のチーフエンジニアに独占インタビュー

 2021年3月にレクサスのブランド変革「レクサスエレクトリファイド」をモノとして表現したコンセプトモデル「LF-Zエレクトリファイド」が世界初公開されました。
 
 このとき、「このモデルに採用された技術/デザインは、今後登場する新型車や改良モデルに投入」と語っていましたが、その第一弾となるのが2021年6月12日に発表された2代目となる新型「NX」です。

次世代レクサス第一弾となる新型「NX」は、どのような部分が進化したのか?
次世代レクサス第一弾となる新型「NX」は、どのような部分が進化したのか?

 初代NXは2014年に「RX」の弟分として登場。扱いやすいボディサイズ、魅力的なデザイン、走りへのこだわり、(レクサスにしては)お求めやすいプライスなどから、レクサスの入口としての役目が与えられたモデルとして人気を博し、モデル末期まで安定したセールスを実現。また、RXと並んで販売台数をけん引するモデルの一台でもありました。

 そんなヒットモデルの2代目ですが、ズバリ「刷新」という言葉がこれほど似合うクルマはないな……と感じました。

 今回の発表に先駆けて、筆者(山本シンヤ)はチーフエンジニア(CE)の加藤武明氏と、レクサスデザイン部 部長の須賀厚一氏に、新型NXに掛けた「想い」や「こだわり」を伺っています。

※ ※ ※

――2005年にレクサスの国内導入から現在まで、初代から2代目で同じCEなのは加藤さんくらいですよね?

 加藤:トヨタブランドだと「MIRAI」の田中義和も同じ状況ですが、レクサスは私だけ……光栄なことだと思っています。

――つまり、初代の良い所/悪い所をすべて知る人が2代目を開発したわけですが、NXとして変えなかった所、逆に新世代レクサスの幕開けとして変えた所はどこでしょうか?

 加藤:まず、変わった所は社内でのレクサスの立場と期待値で、初代のときとはではまったく違っています。

 初代は「いかにトヨタと差別化するか」が目的でしたが、今回は「トヨタというプラットフォームのなかでレクサスの役目は?」、「会社としてカーボンニュートラルに向けて何をするのか?」でした。

 そのため、マインドセットとしては「もう一度やり直す」という意気込みで取り組みました。

 その一方で、レクサスのサスティナブルな成長のなかで若い世代を虜にしなければなりません。

 現在は、末っ子の「UX」もラインアップされていますが、RXと並んでこのセグメントを引っ張ってきた自負もありますので、「これがNXだよね」といった部分はシッカリと継承していく必要があると考えました。

――世界初公開の前にリーク画像がSNSを中心に出回りました。ただ、ユーザーの反応が非常にポジティブだったことに驚きましたが、それに対してどうでしたか?

 加藤:リークに関してはノーコメントですが(笑)、多くの人に「レクサスだよね」、「NXだよね」と思っていただけたことは、ブランドとして認知されている証拠かな……と。

――プラットフォームはTNGA「GA-K」を採用と発表されています。RAV4/ハリアーにも採用しその実力は私も実感していますが、さらにレクサス流の考え方がプラスされると考えると、期待値はさらに高まっています。

 加藤:GA-Kなので「RAV4シリーズを流用?」という人もいますが、そうではありません。

 実はGA-Kを立ち上げる企画段階から、RAV4がやりたいこと、レクサスがやりたいことをシッカリ議論して開発がスタートしました。

 なので、「足りないから後から対応する」ではなく、ベースの段階からレクサス独自の補強やアイテムを追加することを想定したモノづくりをしています。

 ただ、下山テストコースで鍛えていくと、やはり「足りない」という部分があったのも事実で、その辺りは新たな追加や変更などをおこない、体幹を徹底して鍛えました。

 基本構造という意味でいえばGA-Kですが、中身はレクサス独自のモノです。

――今もトヨタ/レクサスは別でなければいけないという人もいますが、僕はトヨタとレクサスのいい所は一緒で、その先に違いがあればいいと思っていますが、新型NXはそういう考え方と聞いて安心しました。

 加藤:私のなかでも「レクサスって何だろう?」という葛藤は常にありましたが、今は「トヨタブランドのなかのレクサス」と考え方も整理されています。

 社内のレクサスに対する理解はもちろん、実績も含めて。なので、差別化のための差別化はしていません。

 新型NXは「レクサスの走りの考え方『ドライビングシグネチャー』はどうあるべきか?」、「レクサスが必要な先進安全・マルチメディアはどうあるべきか?」など、レクサスを再定義する第一弾のモデルでもあります。

――RAV4/ハリアーと基本性能が高いモノがトヨタブランドに存在するなか、「レクサスとは?」がプラスされた新型NXですが、俄然ハードルが上がりました(笑)。

 加藤:そこは自信がありますので、楽しみにしていてください。

【画像】斬新な新型「NX」爆誕! 全てが新しいラグジュアリーな内外装を見る(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント