「カローラSUV」に対抗か? 新型「セルトス」発表! ド迫力「トラ顔」SUVの特徴とは?

キアのアメリカ法人が発表したコンパクトSUV「セルトス」の2022年モデルには、どんな特徴があるのでしょうか。トヨタ「カローラクロス」のアメリカ仕様と比較して、それぞれの特徴や違いを見ていきます。

2022年モデルに進化した「セルトス」の特徴は?

 キアは、2021年5月28日にコンパクトSUV「セルトス」の2022年モデルをアメリカで発表しました。新型モデルでは装備が充実したほか、新グレード「ナイトフォールエディション」も設定されたといいます。

 一方、トヨタのアメリカ法人は2021年6月2日に、コンパクトSUVの新モデル「カローラクロス」の現地仕様を発表しています。ふたつのコンパクトSUVには、どのような違いや特徴があるのでしょうか。アメリカ仕様同士を、比較していきます。

キア「セルトス」2022年モデル
キア「セルトス」2022年モデル

 現行モデルのセルトスは、2019年にインドで初公開され、インドのほかには韓国本国やアメリカ、フィリピン、ベトナムなどで販売されています。アメリカ仕様のボディサイズは全長4369mm×全幅1801mm×全高1615-1630mmです。

 一方、カローラクロスは2019年にタイで初公開された後、フィリピンやベトナムなどほかの東南アジア諸国やブラジルなどで販売。新たに発表されたアメリカ仕様のボディサイズは、全長4460mm×全幅1826mm×全高1646mmです。

 どちらも2019年に発表された比較的新しいコンパクトSUVという点が、共通となっています。

 セルトスの外観は、キア車共通の「タイガーノーズグリル」が採用されたフロントフェイスが特徴的です。また、リアのテールランプを「KIA」エンブレム入り金属調パーツで繋ぐ、連続性のあるデザインが取り入れられました。

 なお、キアのロゴは2021年から新たなデザインに変更されており、セルトスに装着されるエンブレムも2022モデルから変更されています。

 一方、カローラクロスは台形のフロントグリルが特徴で、ボディサイドは力強さを感じさせるフェンダー造形が印象的。

 開発コンセプトとされた「COROLLA MEETS SUV」のキーワードにも通じる、気品ある雰囲気と力強さを両立したデザインとしています。

【画像】ド迫力「虎顔」の個性派イケメンSUV!? 新型SUV「セルトス」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 日本で発売されない、縁もゆかりもない棺桶車のニュースなんて要りません。
    同じ日本未発売車でも、SkodaやSEATの話題のほうがまだ価値がある。

  2. 「セルトス」なんて聞いたことない車だなと思って読んだけど、最初に「キア」って書いてくれて助かった.