クルマの上で車中泊がブーム!? 3密避けてキャンプ気分が楽しめるルーフテントの需要倍増

新型コロナ禍のなか、3密を避けたレジャーとしてキャンプを楽しむ人が増えていますが、最近ではクルマの屋根にルーフテントを載せてそこで寝泊まりするスタイルが人気だといいます。

3密を避けて“ルーフでキャンプ”が人気に

 クルマのルーフでキャンプ気分を楽しむ、いわゆる「ルーフテント」が日本でもじわじわと人気が出てきました。

 ルーフにテントを張るという発想は、1950年代からイタリアなど欧州の小型車・中型車向けで始まったとされています。

コロナ禍でルーフテントの需要が高まっている
コロナ禍でルーフテントの需要が高まっている

 欧州では国境を越えて長期のバカンスを楽しむ風習がありますが、屋外での宿泊に対して、小型モーターホーム(キャンピングカー)をけん引するケースが一般的です。

 一方ルーフテントは、冒険心をもってワイルドな車中泊体験を望む人たちが脈々と受け継いできた、欧州型のクルマの文化だといえます。

 そうしたなか、近年はクルマでのアウトドアが趣味として幅広い層に普及し、人との差別化を図るためにルーフテントに対する関心が高まり、欧州の自動車メーカーの間ではルーフテントの取り扱いを始める動きが出てきました。

 たとえば、BMW MINIでは2017年からAUTOHOMEブランドのAirTopルーフテントをカントリーマン(日本のクロスオーバー)でオプション設定しています。

 BMWによると、BMW本社のデザインチームと協業し、MINIの商品コンセプトとの融合を図ったといいます。

 このほか、アメリカではトヨタ正規ディーラーでYAKIMAブランドのルーフキャリアやルーフテントを取り扱っており、「ハイランダー」などのSUVのほか、「タコマ」や「タンドラ」などのピックアップトラックの荷台にルーフテントを装着するケースもあります。

 日本でもルーフテントに対する需要が伸び始めており、海外から各種の輸入品を販売。また、国内ブランドではEasy Camperなどがあります。

 今回、自動車量販店ジェームス246玉川店(神奈川県川崎市高津区)で開催された、ルーフテントの展示発売会を取材しました。

 駐車場の一角に、各自動車メーカーのミニバンが並んでおり、それぞれ違ったタイプのルーフテントを装着していました。

 この近隣に本拠地があり、今回の展示販売会を企画した株式会社マッツ社長の松本浩さんは、「弊社は産業機器や工具などの総合商社なのですが、8年前からルーフテントの販売を始め、最近では月1回ペースでこうした会を催しています」といいます。

 最近の市場動向については「コロナ禍となり、販売数がそれまでの2倍程度に一気に伸びました」といいます。顧客からは、やはり3密回避や家族で気軽にキャンプを楽しみたいといった声が多いようです。

 装着するクルマの種類については、今回も展示が多いミニバンはもちろん、軽自動車向けに購入する人が多く「キャンピングカーには興味があっても、なかなかそこまで踏み切る気持ちにはならないが、いま所有しているクルマでなにかやってみたい」という需要が高まっているそうです。

【画像】ルーフはもちろん荷台にも!? ルーフテントで車中泊がアツい!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント