わずか20日で完売!? ホンダ「S660」の中古車はイマが狙い目な訳

2022年3月をもって生産終了となることが発表されたホンダの軽スポーツカー「S660」。しかし、生産終了の発表からわずか20日で完売となりました、中古車市場の動向など気になるS660を取り巻く状況について解説していきます。

ホンダS660生産中止の衝撃! もう新車は買えない?

 2015年4月に登場したホンダの軽スポーツカー「S660」が2022年3月をもって生産終了となることが2021年3月12日に発表されました。
 
 それに伴い、特別仕様車「モデューロX バージョンZ」が発売となりましたが、2021年4月中旬での販売動向はどうなっているのでしょうか。

わずか20日で生産終了の衝撃! ホンダ「S660」は今後どうなるのでしょうか?
わずか20日で生産終了の衝撃! ホンダ「S660」は今後どうなるのでしょうか?

 S660は軽自動車規格ながら専用設計となるミッドシップレイアウトを採用した、本格的なオープン2シーターのスポーツカーです。

 排気量はわずか660ccながらターボによるパワフルなエンジン、ミッドシップによるキレの良いコーナリング、そして開放感あふれるオープン仕様と、S660はスポーツカーの楽しさをぎゅっと軽自動車サイズに凝縮したところが魅力となっています。

 絶対的な速さという点では、普通車のスポーツモデルには敵いませんが、コンパクトなサイズで扱いやすく、エンジンを高回転まで使い切って楽しめるところが、オーナーからは高く支持されていました。

 2015年の発売当初は、長いウェイティングリストができるほどの人気を集めたS660ですが、軽自動車としては発売当時でも高価な198万円からという設定や、2人が乗ったら荷物がほぼ積めないという特殊性もあり、多く売れるモデルとはいえません。

 そんななかホンダは、前述のとおり2021年3月12日に「2022年3月をもってS660の生産を終了する」ことと、最後の特別仕様車としてホンダアクセスのコンプリートカーブランド「Modulo」が手掛ける「Modulo X Version Z」の発売がアナウンスされました。

 S660が生産終了となる理由について、ホンダ広報部は次のように説明しています。

「S660は、2022年以降の法規制(騒音・燃費・安全など)に対応出来ないことから生産終了となり、これらを改修するコストを掛けられないという経営判断です。S660の名は消えてしまいますが『走る喜び』はほかのホンダ車が受け継いでいきます」

 しかし、発表からわずか20日余りとなる3月30日、予定していた販売台数が完売したことがわかりました。

 完売した経緯について、前出のホンダ広報部は次のように説明しています。

「2021年3月27日・28日(土・日)の時点で特別仕様車の『モデューロX バージョンZ』が完売となっていました。

 そのため、特別仕様車が売り切れてしまったことで通常仕様の『α』『β』に注文が殺到し、30日(火)の午前中に予定台数がすべて終了しました。

 S660が生産終了になるのは残念ですが、ここまでの反響があるのはありがたいことです。S660は多くの熱いファンに支えられてきたと感じています」

※ ※ ※

 なお、S660の生産終了が発表されてからの受注台数は4106台となり、 モデューロX バージョンZは2076台と半数を占めているといいます。

 今回、生産終了の発表から20日あまりでの完売にSNS上でも「早すぎる!」「買えなかった」という声が続出。今後の購入方法としては中古車市場で探すことになりますが、相場価格の高騰が予想されます。

【画像】7年の歴史に幕… S660最後の特別仕様車はどうなる? ベース車との違いを写真で見る!(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 買い時なんてもはや過ぎている。