いきなり日本人F1初優勝はあるか? ホンダF1期待の角田選手が語る今シーズンの抱負とは

7年ぶりの日本人F1レギュラードライバーとなった角田裕毅選手(20)。テストでのタイムも好調ということですが、2021年シーズンはどれくらい戦績を伸ばすことができると考えているのでしょうか。本人に抱負を聞きました。

2番手タイムを出したことについて「自信につながる」とコメント

「バーレーンは(2020年のF2で)勝っているので。(コース)レイアウトは(昨年とは)違いますが、アグレッシブな走りを見て欲しい」

 7年ぶりの日本人F1レギュラードライバーとなった、ホンダがパワーユニットを供給するスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅選手(20)が、2021 F1シリーズ第一戦バーレーングランプリ(決勝3月28日)を前に意気込みを語りました。

角田裕毅選手(スクーデリア・アルファタウリ)(画像:ホンダ)
角田裕毅選手(スクーデリア・アルファタウリ)(画像:ホンダ)

 2021年3月17日(水)日本時間の午後6時、角田選手は居住地の英国ミルトン・キーンズ(現地時間午前9時)からオンラインで、日本メディア対応の会見をおこないました。

 同地にはレッドブルレーシングの本拠地であり、「(チームが所有する)ドライビングシミュレーターを使う機会が多いので、今年はここに住んでいます」と、現状を教えてくれました。

 角田選手は3月12日から3月14日まで中東バーレーンでプレシーズンテストに参加し、最終日には全参加のうち2番手タイムを出しています。

 3日間のテストを振り返って「1日目と2日目はマシンにアダプト(適応)することを優先していましたが、1日目は燃料タンクの問題、2日目はほぼすべてのスティント(ピットインまでの周回)で問題がありましたが、3日目は問題なくレースと予選のシミュレーションができました」と笑顔を見せました。

 またバーレーン・インターナショナル・サーキットの特徴として「風が強い。F1は風が空力に(大きく)影響します。風向きによってマシンのバランスが変わる。

 向かい風ならグリップが上がり、追い風だと滑りやすくなるなど、コーナーごとに走り方を変える必要がある。(細かくいえば)コーナーの進入から中間までは向かい風が強いが、コーナー後半で追い風になるのでアクセルワークに気を付けるなど(の対応が必要)」とコメント。

 2番手タイムを出せたことに対しては「テストだがうれしい。素直に自信につながる。(ただし)チームによって(搭載している)燃料の重さが違うので、(ほかチームとのタイム差がどうかは)一概にはいえないと思います」と冷静に評価しています。

【画像】世界の舞台で激走! 角田選手が操るスクーデリア・アルファタウリのマシンを画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント