さよなら ホンダ「S660」! 最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」発売

ホンダは、軽2シーターオープンカーの「S660」に特別仕様車「モデューロX バージョンZ」を設定して発売しました。2022年3月で生産終了となる同車の最後の特別モデルとなります。

S660最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」とは

 ホンダの軽2シーターオープンカー「S660」の特別仕様車として「モデューロX バージョンZ」が2021年3月12日に発売されました。

 モデューロXとは、専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着したコンプリートカーブランドで、さまざまなモデルに設定されています。

ホンダ「S660 モデューロX バージョンZ」
ホンダ「S660 モデューロX バージョンZ」

 今回発売された「S660 モデューロX バージョンZ」は、特別仕様車としてスペシャル感を演出する数々のアイテムを装備。

 外装は、ブラッククローム調のエンブレムやブラックの専用アクティブスポイラー、ステルスブラックのアルミホイールなど黒を強調するとともに、ボディカラーは「プレミアムスターホワイトパール」に加え、特別色として「ソニックグレー・パール」を設定しました。

 内装は、メーターバイザーや助手席エアアウトレット、センターコンソールの各パネル部をカーボン調に変更し、ブラックのラックススエードとボルドーレッド(合皮)を組み合わせたドアライニングパネルにグレーのステッチを施すなど、上質かつスポーティなデザインとなっています。

 S660 モデューロX バージョンZは6速MTのみで、価格(消費税込)は315万円です。

※ ※ ※

 660ccのターボエンジンをミッドシップに搭載したS660は、ホンダらしい走る喜びの実現を目指したモデルとして2015年4月に発売。2018年7月に上質でしなやかな走りを実現するチューニングを施した「S660 モデューロX」が登場しました。

 ワクワクするような走りと優れたハンドリング性能を実現したS660は多くのファンから支持されて、発売から累計3万台以上を販売しましたが、2022年3月をもって生産終了することが決まりました。

 生産終了の理由に関してホンダは、「2022年以降の法規制(騒音・燃費・安全など)に対応出来ないため」と説明しています。

 今回発売されたS660 モデューロX バージョンZは、これまでの感謝を込めた最後の特別仕様車として、標準車の「β」「α」と以前から販売されている「S660 モデューロX」に追加される形で販売されることになります。

 なお、バージョン ZはS660の前身となる「ビート」の最終モデルで使われていたネーミングでもあり、両車の関係性がうかがえる名称が与えられました。

ホンダ・S660 のカタログ情報を見る

【画像】ホンダ「S660」最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」をチェック(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント