農業だけじゃない! 軽トラ荷台をオフィスや屋台に活用!? ダイハツが取り組む軽トラ戦略とは

ダイハツは、軽トラ「ハイゼット トラック」の荷台をワーケーションのオフィスとして活用したり、移動販売をおこなう店舗の屋台を載せたりと、さまざまな実験をおこなっています。一体どのような狙いがあるのでしょうか。

軽トラ荷台で仕事をしたり移動店舗に活用!?

 ダイハツが相次いで軽トラを使った実証試験を始めましたが、使われている車両はまるでモーターショーに登場するコンセプトモデルのような斬新な風貌です。

 これらを、ナンバーを付けて公道で走らせてしまうのですから驚きです。

 ダイハツは一体どのような実証実験をおこなっているのでしょうか。

ダイハツの軽トラが移動店舗に変身!
ダイハツの軽トラが移動店舗に変身!

 ひとつめの実証は、新潟県妙高高原で2021年1月12日からレンタカーサービスとして始まった、「モバイルワークステーション」です。

 軽トラ「ハイゼットトラック」の荷台に、対面式のシートを備えたスモールオフィスをしつらえました。

 ターゲットユーザーは、スキーやスノーボードの愛好家で、コロナ禍でもウインタースポーツを楽しみながら、自然豊かな環境でリモートワークすることを想定しています。

 貸出しはニコニコレンタカー妙高高原店がおこない、料金(消費税込)は6時間・2420円、12時間・2635円、24時間・4070円。実証試験とはいえ、多彩な機能を持っている車両としてはお値打ち価格設定だと思います。

 実証は、2021年3月31日までおこなわれる予定です。

 もうひとつが、三重県いなべ市での「Mobile-HUTTE(モバイル・ヒュッテ)」プロジェクトです。

 テーマは「うごくまち」として、ハイゼット トラックの荷台に移動用店舗を装着。移動用の飲食店や物販店を想定しています。

 Mobile-HUTTEは箱状物体で、寸法は長さ1958mm×幅1408mm×高さ1208mm(屋台展開時1815mm)で、シンク付きの飲食店向けが2台、シンク付きの特別仕様が1台、そして物販用が2台の合計5台を仕立てました。

 実証試験は2021年2月20日から21日に開催される「いなべの里山に学ぶ!山辺アクティビティ未来体験」(いなべ市・立田公園)を皮切りに、1年程度をかけて各種イベントや都市部でのPRキャラバンをおこない車両設備や運用方法を検証します。

 その結果を踏まえて、来年度以降の一般貸出を目指す予定です。

 この、いなべ市での試みは「ニューノーマルに対応した地域活性化施策」という命題となっています。

 詳しいことを運用の実務を担当する、一般社団法人 グリーンクリエイティブいなべの担当者・一橋俊介氏に聞きました。

 それによると、いなべ市は三重県鈴鹿山脈に近い自然豊かな環境にあり、市として自然を活かした街づくりを進めてきました。

 その一環として、2015年に市役所内プロジェクトとして「グリーンクリエイティブいなべ」が立ち上がり、2019年4月に法人化しています。

 ダイハツとの出会いは、クルマを使った旅行を提案するイベント「カートラジャパン2019」にグリーンクリエイティブいなべが出展した際、同じく出展していたダイハツ側から声がかかったとことです。

 いなべ市には、市民や企業で数多くの軽トラがあり、軽トラを使ったスキームに興味を持ったといいます。

 山辺でおこなうイベントや新しく開発するキャンプ場、カートラベル対応のドックラン付きの施設など、飲食店などインフラがない状況で、機動性とコストパフォーマンスを踏まえて、Mobile-HUTTEをフル活用したいということです。

 さらに、観光客向けのみならず、地元住民向けにも施策を講じたいといいます。

 そのほかにも、いなべ市の観光PRとして、来年度は月1回のペースで名古屋市中心部でのマルシェにもMobile-HUTTE搭載のハイゼットでの出店を予定しています。

【画像】仕事もレースもキャンプもできる! 驚くべき軽トラ活用術(35 枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント