トヨタ「スープラ」並みの速い車も!? 復活してほしい高性能セダン5選

近年、多くのセダンが姿を消しています。2020年はレクサス「GS」をはじめ、ホンダ「シビックセダン」「グレイス」、日産「シルフィ」。そして、2021年3月末にはトヨタ「プレミオ/アリオン」の生産終了がアナウンスされるなか、いま復活してほしい高性能セダンを5台紹介します。

高性能セダンよ! いまこそ復活キボンヌ!

 2021年に入り、今年もさまざまな新型モデルの登場が期待されます。一方で、2020年にはさまざまなセダンが生産終了となり、セダン好きなユーザーからは嘆かれています。
 
 そうしたなかで、かつての国産セダンにはトヨタ「スープラ」並みともいえるほどの高性能セダンが数多くラインナップされていました。
 
 今回は、これまでに販売された国産高性能セダンのなかから、電動化や燃費規制が激しくなる昨今に復活してほしいセダンを5台紹介します。

高性能セダンのなかでも高回転型だったインテグラ タイプR(画像はクーペモデルのフロント)
高性能セダンのなかでも高回転型だったインテグラ タイプR(画像はクーペモデルのフロント)

●ホンダ「インテグラ タイプR」

 ホンダは、1995年には3代目「インテグラ」を発売。このモデルにタイプRを設定し、3ドアクーペだけでなく4ドアセダンもラインナップしました。

 インテグラタイプRは、同社「NSX」と同様にエンジンチューニングが施され、最高出力200馬力を誇る1.8リッター直列4気筒VTECを搭載。

 各部品の置換や廃止によって約26kgの軽量化が図られてほか、シャシ剛性アップやサスペンションのスプリングやブッシュを強化するなど、細かな部分にまで手が入れられています。

 エクステリアデザインでは、前後に専用スポイラーを装着。さらに、従来のホンダマークの配色とは異なる赤地のエンブレムが付けられるなど、見た目からスポーティな演出が施されました。

 1998年には「98スペック」と呼ばれる改良がおこなわれ、2001年には2代目タイプRにモデルチェンジするタイミングでセダンが廃止となります。

●トヨタ「アリスト」

 今から約30年前、日本はバブル景気という夢のような時代でした。そのなかで、日産「シーマ」に端を発した高級車ブームは各メーカーに波及し、トヨタは1989年に「セルシオ」を発売します。

 その後、バブルが終わりを迎える直前の1991年にトヨタ「アリスト」がデビュー。

 エクステリアデザインは、カーデザイナーの巨匠こと、ジウジアーロ率いるイタルデザインがおこない、セルシオの重厚感と反する、低くスタイリッシュなフォルムとされました。

 パワートレインは、後に「スープラ(A80)」に搭載される、3リッター直列6気筒ツインターボ「2JZ-GTE型」を設定。

 最高出力280馬力を発揮し、加速性能をはじめ高い走行性能が評価され、セルシオ同様に人気を博しました。

 1997年には登場した2代目モデルにも2JZ-GTE型を継承設定。しかし、2005年にレクサスブランドの上陸とともに発売された「GS」にバトンタッチしたことで、アリストは市場から姿を消しました。

●三菱「ギャラン VR-4」

 1969年に発売された初代三菱「ギャラン」は、ラリーなどのモータースポーツに参戦するほどスポーティなモデルでした。

 しかし、2代目モデルからミドルサイズに変更されたことで、モータースポーツのイメージは1978年に登場した初代「ランサー」に変わっていきます。

 その後、世界ラリー選手権に参戦することを目的とした「ギャランVR-4」が発売され、再びギャランは高性能セダンに返り咲きます。

 パワートレインは、最高出力205馬力を発揮する2リッター直列4気筒ターボエンジン「4G63型」を搭載。モータースポーツベースの「ギャランVR-4 RS」もラインアップされました。

 その後もマイナーチェンジを受け、最終仕様では最高出力は240馬力を発揮。ギャランVR-4は後に続いた「ランサーエボリューション」シリーズに継承されるDNAの元祖的存在として、現在でもコアなファンからの支持を集めています。

ホンダ・インテグラ の中古車をさがす

トヨタ・アリスト の中古車をさがす

三菱・ギャラン の中古車をさがす

【画像】もうあのハイパワーは味わえない? 懐かしき高性能セダンを見る!(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. インテグラタイプRの4ドアはHTや。
    98'specの後に00'specがあるだろ。
    センターコンソールにシリアルNoが入っているやつ。俺は4ドアの96'specと00'specに乗ってたからな。00'specは新車で買うとシリアルNoいりのキーホルダー貰えたんやで。この記事使い回ししてやがるなぁ、やめなさい。メディアとして、恥ずかしいなぁ。前にも書いたのに改修してないだろ。この記事。

    • ブルーバードのHICASも同じ
      指摘しても直さない

  2. くだらん記事な。スープラ並?
    エンジンの話でアリスト出してくるとは思ったが。
    セダンにこだわるなら、インプあるやないか。
    インテRはメインクーペであってセダンを上げる時点でナンセンス。
    本当に速いのは、車重が軽いそこそこパワーのある車。
    ハイパワーセダンが速いのは、高速の直線だけ。無駄。スープラも同じ。