スバル新型「BRZ」に「86」オーナーも期待!? 細マッチョに進化する次期型の評価は?

2020年11月に世界初公開されたスバル新型「BRZ」が話題です。兄弟車であるトヨタ「86」とBRZですが、初代のオーナーに新型についてどう思っているのでしょうか。乗っているからこそ分かるオーナーならではの視点から、新型の魅力を探ってみます。

デザインはキープコンセプトながら排気量アップする新型BRZ

 2020年11月に世界初公開されたスバル新型「BRZ」。いまでは希少な扱いやすいサイズのFRスポーツカーが約8年ぶりのフルモデルチェンジを受けるということで、話題になっています。

 また兄弟車のトヨタ「86」も2代目へとフルモデルチェンジすると噂されていますが、こちらはまだ詳細が明らかになっていません。

 徐々に詳細が聞こえてきた新型BRZと、登場が期待される新型86について、初代オーナーたちはどう思っているのでしょうか。

キープコンセプトながら筋肉質なスタイルに進化するスバル新型「BRZ」
キープコンセプトながら筋肉質なスタイルに進化するスバル新型「BRZ」

 まず新型BRZの詳細をおさらいしてみたいと思います。

 ボディサイズ(北米仕様)は、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mmは、初代と比較して25mm長く、10mmほど低くなったとはいえ、ほぼ同サイズをキープ。ホイールベースも+5mmの2575mmとなっており、居住性もほぼ一緒のようです。

 大きく変わるのは搭載されるパワーユニットです。初代では2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載していましたが、新型は2.4リッター水平対向エンジンを搭載。

 出力は初代の207馬力(後期・6速MT)から24馬力向上した231馬力を発揮すると発表されていますが、新型モデルも初代と同様に、ターボなどの過給機は装着されず、自然吸気となります。

 最高出力以上に注目したいのがトルクです。初代の2リッターエンジンの最大トルクは6400rpm-6800rpmで20.9kgmとなっていましたが、新型では最大トルクの25.4kgmを3700rpmという実用域で発生させるスペックになっています。

 初代は高回転までエンジンを回してパワーとトルクを稼いでいたのに対し、新型ではより扱いやすい回転域でのトルクが太くなり、それほどエンジンを回さなくても車体を前へと押し出してくれるセッティングになっているでしょう。

 トランスミッションは6速MTと6速ATが用意される予定ですが、6速AT搭載モデルにはスバルの運転支援システム「アイサイト」が搭載されるのもポイントです。

 プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールなど、安全性とドライバーの負担軽減を両立したシステムが進化し、スポーツカーでも使えるようになったということでしょう。

 プラットフォームにも手が加えられ、フロント横まげ剛性は約60%、ねじり剛性も約50%アップされたうえに、ルーフやエンジンフード、フロントフェンダーにアルミを採用することで軽量化も図られています。

【画像】進化した新型BRZがカッコイイ! 初代86・BRZとはどう違う? (42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント