自動車業界に衝撃! 東京都が純ガソリン車禁止を前倒し!? 小池発言の真相とは

小池百合子東京都知事は、2020年12月8日に「2030年に東京都が100%非ガソリン化」すると宣言しました。政府よりも5年前倒しとなりますが、本当に実現可能なのでしょうか。

政府より5年前倒しの2030年に東京都が非ガソリン化!?

「2030年までに、(都内で販売される乗用車新車販売の)100%“非ガソリン化”を目指す」

 いきなり飛び出した、小池百合子東京都知事の2020年12月8日の都議会での発言により、自動車産業界で大きな波紋が広がっています。

新車の純ガソリン車が販売できなくなる日も近い!?
新車の純ガソリン車が販売できなくなる日も近い!?

 非ガソリン化とは、パワートレインの電動化を指します。

 2020年12月初めに、政府が「2030年半ばに純ガソリン車販売禁止に向けて最終調整に入った」という報道があったばかりです。

 小池都知事の発言は、政府方針の正式発表を待たず、さらには2030年半ばではなく、はっきり2030年といい切ったことにより、自動車産業界に衝撃を与えました。

 しかも、二輪車については「2035年までに100%非ガソリン化」するとの方針です。

 二輪車とは大型二輪車を含むのか、それともすでに一部でEV化が進んでいる小型バイクだけなのか。

 また、二輪車は四輪車ようにハイブリッド車がほとんど存在しないため、すべてをEV化することになるのでしょうか。

 そして、非ガソリン化という表現で、商用車などで多いディーゼルエンジンについてどう扱うのかも詳細は不明です。

 次世代車としてクリーンディーゼルは良いのか、それとも米・カリフォルニア州が2020年9月に公表したような「2035年までにインターナルコンバッションエンジン(内燃機関)搭載車の禁止」と同様の解釈で、ディーゼルエンジンも禁止条項として含むのでしょうか。

 さまざまな疑問を含む今回の小池発言ですが、そもそも東京都環境局は、2050年のゼロエミッションな世界を目指す施策「ゼロエミッション東京戦略」を2019年12月に公表しています。

 このなかで、自動車からCO2排出実質ゼロを目指す「ZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル)普及プログラム」を作成。

 ZEVの定義としては、「走行時にCO2等の排出ガスを出さない電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)をゼロ・エミッション・ヴィークルと呼ぶ」としており、ここではクリーンディーゼルに関する明記はありません。

 そのうえで、「2030年のZEV普及目標」として「都内乗用車新車販売台数に占めるZEV割合50%」を掲げていました。参考として、2018年の同ZEV割合は、1.6%に過ぎません。

 この政策発表から約1年後に出された今回の小池発言では、「100%」と大幅に軌道修正したのですから、自動車産業界が大騒ぎになるのは当然です。

【画像】日本で買える! ガソリン要らずで走れるクルマ(38枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 大型2輪車もそうですが、軽自動車の電動化は現実味がないです。
    政府や都知事は、その事を理解していないように感じます。

  2. 都バスなんてハイブリッドのほうが重く実燃費も悪いのでトロリーバスを復活させますかね?こち亀だってトロリーバス時代の話を画いてますしね。
    ゴミ収集とか、建設業の作業車とかエンジンの寿命を現場作業で食い潰す車とかどうすんですかね?郵便配達も1人の仕事量を考えたら電化は厳しいと思うし、早朝の新聞配達がギリギリの線ですかね?
    今更ですが架線から電気を取り入れながら走る電車やトロリーバスは理想ですかね?
    電柱に電線が幅を効かせる街中に乗用車も電極から電気を吸い上げながら走る整備とか?発想すら無かったのですかね?
    パンタグラフの無い地下鉄なんて良いヒントだと思いますがね。
    車と人が共存すれば地面で感電?なんて事態も?でも乗り越える技術はありますよね?

  3. まぁ都知事は”政府より先にする”という実績を持って国政に戻りたいだけの話だろう。
    これになるころには国会議員になっているから、押し付けられる次期都知事はご愁傷様の話だろうな。
    確実に言っただけで、グランドデザインや構想の末端までは考えない。

  4. 海外、国政に後れを取ってはならんと
    話題に便乗しての政治アピールだよね…
    ホント環境ならびに経済への実効性をちゃんと検証もせずに、
    よくも白々と自分が正しいかの様に言ってくれるよね。
    実際に車を必要とする庶民たちは振り回されメイワクな事端正しいよ、
    ちゃんと検証し議論を重ねて決議してから公表すべき事が、
    先に結論ありきの発言になってるのはおかしい。

  5. 来年の事を言えば鬼が笑うとは言うが、
    任期後の10年後の話を無責任に言う小池都知事…
    都民は笑い事で済ませるのだろうか?

  6. 警察ホテルに連泊するか?個人の努力で変えられない性別や年齢を詰る書き込みは侮辱罪だからね。

  7. 外向きには「都民ファースト」。でも彼女の言動は。すべてにおいて「わたしファースト」。
    今回の発言も、裏付けやロードマップなんてお構いなし。首相の発言には一定の裏付けがあるが、彼女のそれは国に乗っかっただけ。国に責任を負わせて、自分が目立てばそれでよし。だから5年前倒し。反吐が出る。
    一方で、将来を見据え、必要な投資・研究開発を継続してきた一部メーカーにとっては想定内かもね。彼らの視界の先にあるのは、そもそも米国・欧州市場。経営としては、そこに動きが生じるリスクを想定するのが普通や思うけど。