ミニ史上最強エンジン搭載! 「ミニJCWクラブマン」の持つ多面性とは

輸入車ナンバーワンブランド、MINI(ミニ)のなかでも人気の「ミニ・クラブマン」。そのハイパフォーマンスモデルが「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)だ。内外装ともに小変更を受けたが、いちばん大きな変更点はそのパワートレイン。よりパワフルになったミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンに試乗した。

BMWのMパフォーマンスモデル「M135i」や「X2M」と同型式のエンジン

 ミニ・クラブマンが日本で登場したのは2008年3月2日(ミニの日)のこと。先代にあたるこのモデルは、3ドアハッチバックのミニよりも全長が240mm伸ばされた3935mmで登場した。

 全幅が1685mmと5ナンバーサイズだった先代ミニ・クラブマンだったが、クラブドアと呼ばれる観音開きのドアが右側に付けられた変則的1+2ドアが特徴的だった。「イギリス生まれのブランドのミニなのに、左側通行の道路事情を考えていない」などと批判されたのも、いまとなっては懐かしい話だ。

「ミニJCWクラブマン」の走り
「ミニJCWクラブマン」の走り

 現行型3代目ミニ・クラブマンが登場したのは2015年6月。2代目と比較すると全長は270mm、全幅は90mm、ホイールベースが100mmそれぞれ拡大し、従来のBセグメントからCセグメントモデルに成長している。

 先代は4名だった乗車定員は5名になり、荷室容量も360リッター/最大1250リッターを確保した。大きくなったこの現行MINIクラブマンは人気で、現在では日本でのミニ・ボディラインナップで一番人気となっているようだ。

 そんなミニ・クラブマンも2019年10月にマイナーチェンジをおこなっている。LEDリアコンビランプを英国の国旗ユニオンジャックをモチーフとしたデザインにするなどの改良がおこなわれている。

 それと同時に、ハイパフォーマンスモデルのジョン・クーパー・ワークス(John Cooper Works:JCW)も新しくなり、ミニ・クラブマン/ミニ・クロスオーバーに新エンジンが搭載された。

 搭載されたエンジンがまたすごい。2リッター直4ターボは306ps・450Nmを発生し、ミニ史上最強のエンジンとなっている。先代比ではプラス75ps・プラス100Nmものパワー・トルクのアップになる。

306ps・450Nmを発揮するB48A20E型2リッター直4ターボエンジン
306ps・450Nmを発揮するB48A20E型2リッター直4ターボエンジン

 このエンジンは「B48A20E」型。つまり、BMWのMパフォーマンスモデル「M135i」や「X2M」に搭載されるエンジンと同じ型式なのだから、その凄みがわかるだろう。

【画像】まさに万能スポーツ!「ミニJCWクラブマン」を画像で見る(25枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー