スズキ新型「ソリオ」発表! 12月発売へ 5年ぶり全面刷新で打倒ルーミーなるか?

スズキは、2020年11月25日に新型「ソリオ/ソリオバンディット」を発表しました。全面改良を受けた新型ソリオ/ソリオバンディットは、どのような進化を遂げたのでしょうか。

「合理的で賢い判断をされる方に選んでいただけるクルマ」に仕上がった新型「ソリオ」

 スズキは、2020年11月25日に小型トールワゴンの新型「ソリオ/ソリオバンディット」を発表しました。発売は同年12月4日を予定しています。全面改良を受けた新型ソリオ/ソリオバンディットは、どのような進化を遂げたのでしょうか。

2020年11月25日に発表された新型「ソリオ バンディット」
2020年11月25日に発表された新型「ソリオ バンディット」

 今回、ソリオはフルモデルチェンジで4代目モデルとなりましたが、ソリオの前身となるモデルとして「ワゴンRワイド」および「ワゴンR+(プラス)」が1990年代後半から2000年にかけて販売されていました。

 このワゴンR+が「ワゴンRソリオ」に改名され、その後「ワゴンR」が取れたことで、独立した車種である初代「ソリオ」が2005年に登場。

 2011年に2代目へフルモデルチェンジし、このモデルから後席ドアをヒンジドアから両側スライドドアに変更しています。

 2015年には3代目ソリオが登場しました。2011年から2019年の年間販売台数は、3万台から5万台の間で推移しています。

 そんななか、2016年にトヨタがダイハツ「トール」のOEM車として「ルーミー/タンク」を発売したことで、小型トールワゴン市場の潮目が変わりました。

 ルーミー/タンクは兄弟車の関係にあたる小型トールワゴンで、高い車高による広い室内や、後席両側スライドドアなどの特徴を備える点で、ソリオと競合します。

 そして、トヨタは販売チャネル別にルーミー/タンクを売り分けることで、広い販売網という強みを持つトヨタのディーラー全店で購入できる体制を構築したのです。

 ルーミー/タンクの合計販売台数、2017年は14万9529台、2018年は16万64台、2019年は16万6168台と、毎年台数を伸ばしており、2020年には「ルーミー」へと一本化。同時にマイナーチェンジもおこなわれ、商品力が強化されています。

 このような小型トールワゴン市場のなかで、スズキはソリオ/ソリオバンディットのフルモデルチェンジをおこなうことになったのです。ボディも刷新され、全長を従来モデルから80mm(ソリオバンディットは70mm)長くしたことで、広い荷室と居住空間の両立を実現。

 スズキは、フルモデルチェンジした新型ソリオ/ソリオバンディットについて、次のようにコメントしています。

「開発にあたって大切にしたのは、お客さまや販売現場の声に耳を傾けて、先代ソリオへの評価と新型ソリオに期待する点を把握することです。

 その結果、主にファミリーの方々から『後席を快適にしてほしい』『荷室を広くしてほしい』との声が聞こえてきました。一方で、安全装備への期待が非常に大きいこともわかりました。

 そこで進化の方向性としては、後席の快適性や荷室の広さを向上させ、予防安全などの最新技術も積極的に投入するとともに、運転のしやすさや乗り心地、静粛性などの基本性能をいっそう磨き上げることにしました。

 ソリオをご購入のお客さまには、クルマについての情報を調べ、実際にお店に足を運んだうえで購入を決断される傾向があります。

 新型ソリオもそんな合理的で賢い判断をされるお客さまに選んでいただけるクルマに仕上がったと確信しております」

【画像】5年ぶり全面刷新! スズキ新型「ソリオ」を画像で見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ちゃんとハンドルの前にメーターを持ってくればHUDなんか要らんのに。目新しさよりも、まともな車作りをして欲しい。

  2. ソリオ、やっとデッサン整って良かった。このフェイスバランスで次期エブリイワゴンフルモデルチェンジで採用してほしい。
    実燃費が19km/L程度なのは残念なので買わない。
    トヨタヤリス並みの実燃費がほしい。
    スズキの気に入ってるところは燃費が良くてトルクがあって、安いところなのに、全部ハズレちゃった感じ(´-﹏-`;)

  3. デザインが足し算すぎる…