ホンダ新型「シビック」世界初公開! 6年ぶり全面刷新で2021年春発売!遅れてタイプRも投入!

ホンダの北米法人は、2020年11月18日(日本時間)に11代目となる新型「シビックセダン」(プロトタイプ)を世界初公開しました。日本では、2020年8月にセダンのみを生産終了としていますが、グローバル市場では2021年春にセダンから次期型モデルを市場投入するとしています。

11代目シビックはセダンタイプを2021年春に発売!?

 ホンダの北米法人は、2020年11月18日(日本時間)に11代目となる次期型「シビック」のセダン(プロトタイプ)を世界初公開しました。

世界初公開に先駆けて公開された11代目となる新型「シビックセダン」
世界初公開に先駆けて公開された11代目となる新型「シビックセダン」

 シビックは、ホンダのなかでも長い歴史を持ち、初代モデルは1972年に発売。車名は英語で「市民の」という意味を持つ「Civic」が由来です。

 シビックにセダンタイプが設定されたのは2代目モデルからとなり、2020年現在では、セダン、ハッチバック、タイプRなどで構成されています。

 現行モデルとなる10代目は2015年に北米で発表。その2年後の2017年にセダン/ハッチバック/タイプRを日本市場に再投入。

 セダンは国内工場で生産し、ハッチバック/タイプRは、イギリスのスウィンドン工場で生産され日本に輸入される形が取られていました。

 しかし、日本市場ではセダン需要の低迷もあり、2020年8月で生産終了となっていました。

 今回、ホンダの北米法人は、アマゾンが展開するライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」内の「Head2Head」チャンネルライブで11代目シビックセダンを世界初公開しました。

 お披露目された11代目シビックセダンのプロトタイプは、印象的な新色のソーラーフレアパールを採用。シビックを象徴するスポーティで高級な新しい外観デザインとなっています。

 11代目シビックセダンは、低くて広いスタンス、低いベルトライン、清潔で洗練されたディテール、空気抵抗を考慮したキャビンなど、歴代のホンダデザイン要素から得たインスピレーションを元にデザインされています。

 内装では、インパネデザインを再設計することで、ドライバーの前方視界を向上。また、新しい9インチフルHDディスプレイオーディオタッチスクリーンなど、複数の新しいテクノロジーを導入しています。

 安全面では最新の「ホンダセンシング」を採用。さらに、乗員と歩行者の衝突保護などが強化されました。

 11代目シビックは、スポーティで楽しいドライブを実現するために、新しいシャシや強力で燃料効率の高いパワートレイン、最新安全快適装備を備えたモデルだといいます。

 ホンダの米国法人のエグゼクティブバイスプレジデントであるデイブガードナー氏は、次のように述べています。

「シビックは常に期待を上回っています。まったく新しいシビックは、人間中心のデザイン、卓越したダイナミクス、スタイル、安全性能、ドライバーの楽しさを備えた歴代モデルの特徴を継承します」

※ ※ ※

 なお、11代目シビックは2021年春の終わり頃に2022年モデルとしてまずシビックセダンを発売。

 その後、スポーティな「シビックハッチバック」、パフォーマンス重視の「シビックSi」、そして究極の高性能モデルとなる「シビックタイプR」が登場すると明かしています。

【画像】これが新型シビックセダン!? イケメンになった姿を見る!(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. いやいや、まだ前の方がいいやん!
    マイチェン早いよ。

  2. 相変わらず残念なホンダデザイン。ますます売れなくなること確実ですね。。

  3. 良くなった。こういうナチュラルなデザインの方が好感持てる(*´꒳`*)

  4. この図体で1500ってのが中スカスカというかハリボテ感が半端ない
    素直にK24Aくらいの単純なNAエンジンがいい

  5. クラウンとハリヤーを足したみたい

  6. くるまのニュースは超イケメンとかイケメンましましといった見出しを出しますが、これはまるでトヨタの顔のパクリじゃないですか。
    まあこれまでの安物プラモのようなグリルよりはマシですが。

  7. 10台目より好きなエクステリアですが、日本では5ナンバー車で出してくれればイイね。
    このオレンジ系の車体色は似合ってるけど、それ故 日本ではウケ無い気もするけどね。

  8. 残念な顔立ち。
    アゴが欠けたのかボンネットの上からクラッシュしたのか、どうもデッサンの狂ったものしか作れない最近のホンダ車

  9. ボンネットの上からつぶされたような事故車

  10. 0-100km/hで1.9秒代の瞬発力がスタンダードになったテスラ社のる今の時代、中身スカスカのハリボテにしか見えない。ホンダがんばれ

  11. ホンダのデザインが駄目なのではなく、トヨタのデザインに慣れあうメンタマがシンデレラなだけ

  12. 顔が新型フィット見たいな引っ込んだ顎のニヤついたクジラになりましたね。

  13. 最近思うのだが、企業の競争地位の分類で、①リーダー②チャレンジャー③フォロワー④ニッチャーって有るが、ダントツリーダーのトヨタに対してチャレンジャー位置のホンダ。
    かつてはマツダや三菱や日産がその地位にあった。
    トヨタはリーダー戦略で徹底的にチャレンジャー位置の商品を模倣してつぶすのが正しい戦略。
    その意味で、トヨタの最近のコンパクトカーはスポーティーで出来が良い。
    これはホンダはお株を取られたも同然。
    かつてオデッセイやアコードつぶしを露骨にやっていたけど、ホンダのコンパクトカーつぶしをやり始めた感じ。
    ホンダが軽しか売れないのはトヨタの戦略が成功しているからだろう。