ホンダ「フィット」の気になる部分はどこ? オーナーが感じる「良し悪し」とは

2020年2月にフルモデルチェンジしたホンダの新型「フィット」について、オーナーからの声を集め、どこが良くてどこがダメなのかをそれぞれ紹介します。

デザインは賛否両論があるものの、性能は全く抜け目がない

 ホンダ「フィット」の情報はカタログや公式サイトで集められますが、それよりもリアルなレビューが気になるのではないでしょうか。
 
 そこで、実際のフィットオーナーによる生の声を集め、どこが良くてどこがダメなのかをそれぞれ紹介します。

タイプによって異なる魅力をもつ新型フィット(画像はCROSSTAR)
タイプによって異なる魅力をもつ新型フィット(画像はCROSSTAR)

 2020年2月にフルモデルチェンジを果たしたフィットは、トヨタの「ヤリス」と並んで日本を代表するコンパクトカーです。

 室内空間の広さや燃費が洗練されたのはもちろん、さらに使い勝手の良さを向上させるため、装備が細かく異なるグレード別展開ではなく、オーナーのライフスタイルに合わせ「BASIC」「HOME」「NESS」「CROSSTAR」「LUXE」と、5つのタイプが設定されています。

 例えば、スポーティなフィットに乗りたいのであればアクティブな雰囲気を醸し出している「NESS」を選び、休日はアウトドアを楽しみたいと考えているであれば、迷わずSUV風の「CROSSTAR」を選ぶといったことができます。

 また、フィットのボディサイズは基本的に全長3995mm×全幅1695mm×全高1515mmとなるものの、唯一SUVタイプ「CROSSTAR」は、悪路での走破性向上を狙い最低地上高が30mm高められています。

 このように、ボディサイズや室内空間の広さは先代モデルと大きく変わらないものの、運転席に座ってみると視界の広さに驚きます。

 現行モデルの最大の特徴は、スッキリ整えられたインパネ周りのデザインはもちろん、極細のフロントピラーや2本スポークのハンドルを採用することで視認性が大幅に向上。

 その結果、普段あまり運転しない人や、免許を取ったばかりの初心者でも安心して乗ることができます。

 さらに、フィットのパワートレインはガソリン車とハイブリッド車を設定。ガソリン車は1.3リッター直列4気筒エンジンを搭載。カタログ燃費は、WLTCモードで20.4km/L(BASIC)となっています。

 一方、ハイブリッド車は1.5リッター直列4気筒エンジンに「e:HEV」と呼ばれるハイブリッドシステムを組み合わせWLTCモードは29.4km/L(e:HEV BASIC)を誇ります。

 価格は、ガソリン車が155万7600円から218万7600円、ハイブリッド車が199万7600円から253万6600円となっています。

 新型フィットは発売から半年程度しか経過しておらず、中古車の相場を調べても115万から250万円となっており、ほとんど新車価格と変わりません。

【画像】どのフィットが好み? 選べる5タイプをささっと見る!(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 「ガソリン車のステアリングホイールやサイドブレーキレバーはウレタンむき出しで微妙」

    ライターさんに質問です。
    これは現行車のことでは無いように思いますがどうなんでしょう?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      一部表現を修正いたしました。

    • 革があるのはHome Luxeの2モデルだからこのオーナーさんはそれじゃないって話入れないとダメですよね…