レクサス初EV「UX300e」が初年度135台限定で登場! ホンダやマツダも参入して国内EV市場はどうなる?

レクサスは、ブランド初の市販ピュアEV「UX300e」を2020年10月22日に発売しました。2020年度は135台限定で販売される計画です。

レクサス初のEV「UX300e」を国内投入

 レクサスは、2020年10月22日にブランド初の市販ピュアEV「UX300e」を発売しました。2020年度は135台限定で販売される計画で、商談申し込み(抽選)は発売日の13時30分から11月4日23時59分までウェブ上で受け付けられます。

レクサスブランド初となるEV「UX300e」
レクサスブランド初となるEV「UX300e」

 プレミアムブランドとして積極的に電動化を進めてきたレクサスが送り出すUX300eは、レクサスらしい優れた静粛性と乗り心地、UXが持つ素性の良い走り、そしてEVとしての基本性能の高さを高次元で融合しています。

 駆動用バッテリーには、54.4kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを採用。

 さらに、ハイブリッド車で培った、モーター、インバーターなど主要装備の効率を最大化するノウハウにより、システム全体としてのさらなる性能向上を実現。WLTCモード航続距離は、367kmを確保しました。

 急速充電(DC・50kW)を用いると、充電量75%まで約50分、100%まで約80分で完了。200V電源での普通充電(AC・3kW)では、100%まで約14時間で完了します。

 低温/高温下でも正常に動作するよう温度調整機能を備えたバッテリーを採用したほか、過充電防止システムなどの搭載で、高い信頼性を実現しました。

 走行性能に関しては、重量物を車両中心に配置することで重量バランスの最適化を実現。

 最高出力203馬力・最大トルク300Nmの駆動用モーターを搭載したほか、加速シーンで過度な車両ピッチ挙動を抑えるアクセレレーションピッチコントロールを採用することで、スムーズでレスポンスの良い加速フィーリングとしています。

 EVならではの優れた静粛性をさらに高めるために、床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、エンジン音が無いことで目立つ風切り音などにも配慮。さらに最新のコネクティッド技術を採用するなど、EVとしての価値を最大化しています。

 UX300eは、580万円から635万円の価格帯で販売されます(消費税込、以下同様)。

※ ※ ※

 国産メーカーにおいて、市販EVの普及に大きく貢献した存在として、日産「リーフ」が挙げられます。

 初代リーフは2010年に発売。2代目リーフは2017年に登場しましたが、このときに大容量バッテリーとモーター出力を向上させた高性能モデルを発売することをアナウンスしていました。

 2019年に、予告されていた高性能モデル「リーフe+」が発売。モーター出力は、標準モデルの最高出力150馬力・最大トルク320Nmから、リーフe+では最高出力218馬力・最大トルク340Nmにパワーアップされ、よりパワフルな走りを楽しめます。

 それではここでクイズです。

 リーフe+は、標準車用の40kWhより大容量な駆動用バッテリーが採用されています。次のうち、リーフe+の正しいバッテリー容量はどれですか。

【1】45kWh

【2】55kWh

【3】62kWh

【4】65kWh

【画像】走りの後輪駆動! ホンダ入魂「ホンダe」がカッコカワイイ(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント