PHEVのSUVに新たな刺客!? 三菱「エクリプスクロス PHEV」とトヨタ「RAV4 PHV」を比較

三菱は「エクリプスクロス」をマイナーチェンジし、PHEVを追加します。SUVのPHEVモデルでは、トヨタが「RAV4 PHV」を販売していますが、両車はどのような違いがあるのでしょうか。

三菱は新たなPHEVモデルとして「エクリプスクロス PHEV」を投入

 三菱はクロスオーバーSUV「エクリプスクロス」をマイナーチェンジし、デザインを一新するとともに、プラグインハイブリッドを搭載する「エクリプスクロス PHEV」を追加します。

 SUVでPHEVを搭載するモデルはまだ少なく、三菱には「アウトランダーPHEV」があります。

 三菱以外では、トヨタが「RAV4 PHV」を2020年6月に追加しましたが、予定生産台数を超える注文を受け、現在はオーダーが一時的にストップされているほどの人気ぶりです。

左:トヨタ「RAV4 PHV」/右:三菱「エクリプスクロス PHEV」
左:トヨタ「RAV4 PHV」/右:三菱「エクリプスクロス PHEV」

 そこで今回は、エクリプスクロス PHEVとRAV4 PHVを比較してみます。

 新型エクリプスクロスは、ガソリンモデル、PHEVモデルともにフロントとリアのデザインを一新し、上質感を高めながらいっそう流麗で洗練されたフォルムとしました。

 三菱のデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を進化させ、ヘッドランプのレイアウトを変更。これまで以上に精悍でスポーティな表情とするとともに、バンパー下部にアンダーガード風ガーニッシュを採用し、SUVとしての力強さを表現しています。

 リアは、従来モデルで特徴的だった、横一文字に光るテールランプとダブルガラスを廃止。流れるようなシルエットのシングルガラスに変更してスタイリッシュなスタイルを実現するとともに、良好な後方視界を確保しました。

 リアランプは三方向にのびる立体的なデザインとし、高い位置に配置することで被視を確保。一目でエクリプスクロスだと分かる独自の意匠を採用しました。

 また分厚いボディパネルやバンパーは、塊感や頑丈さを表現しつつ、そこに刻まれた背面装着式スペアタイヤからインスパイアした六角形のモチーフを配することで、SUVとしての機動性とスタビリティの高さを表現しています。

 内装はブラックを基調色とし、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用しました。

 メーカーオプションの本革シートは従来のブラックに加えてライトグレーを新たに設定。ドアトリムも同色でコーディネートし、上質でスポーティな空間としています。

 一方、RAV4 PHVのデザインは、ワイルドなRAV4をベースに、PHVとしての先進性を取り入れたスタイリッシュな外観としています。

 RAV4ブランドの最上級モデルとして、先進かつスポーティなイメージをより強めたフロントビューや専用のフロントグリルとロアモールが、RAV4 PHVとしての個性を際立たせ、低重心で踏ん張り感のあるスポーティな表情としました

 さらに専用LEDデイライトや新意匠の19インチアルミホイールで、先進感を強調しています。

 内装は、天井やピラー、オープントレイなどをブラックで統一し、スポーティさとともに、上質感を演出するレッドステッチを採用。

 インパネやドアトリム、シート、ステアリングホイール、シフトブーツ、センターコンソールにレッドステッチを施し室内をコーディネートしました。

【画像】スポーツカー並みの加速力! 三菱とトヨタのPHEVを搭載した爆速SUV(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント