トイレで食事も!? 16年経過した総工費2億円「豪華トイレ」のいま 高速道の凄いトイレたち

近年、高速道路の休憩施設は各地でリニューアルが進み、トイレも明るく美しく豪華に進化しました。その先陣を切ったのは、伊勢湾岸道刈谷PAに隣接する刈谷ハイウェイオアシスの「デラックストイレ」です。

刈谷ハイウェイオアシスの豪華トイレ 16年経過した現在の姿は?

 2004年12月にオープンした刈谷ハイウェイオアシスは、観覧車を備える遊園地や温泉施設、産直市場、カリモク(刈谷木材工業)の高級家具をふんだんに取り入れた飲食スペースなど、道路の休憩施設としてはこれまでにない斬新な施設として瞬く間に有名になりました。

 なかでも、とくに注目を浴びたのが「デラックストイレ」です。

刈谷ハイウェイオアシスの「デラックストイレ」
刈谷ハイウェイオアシスの「デラックストイレ」

 高級ホテルや一流デパートの豪華なトイレにも引けを取らない「デラックストイレ」は、その清潔感と居心地の良さから、トイレ内のラウンジで食事をする利用者も少なくなかったといいます。

 2011年のリニューアル時と合わせた総工費はなんと2億円。とくに豪華なのは女性トイレで、床には高級なカーペットが敷かれ、フラワーアレンジメントで飾られた中央スペースには座り心地の良いソファも置かれています。

 オープンから7年が経過した2011年に大規模なリニューアルを実施。現在のスタイルになりました。

 刈谷ハイウェイオアシス施設管理課の担当者は、次のようにいいます。

「驚きや変化を楽しんでもらうのも、デラックストイレの大事な要素のひとつだと考えていましたので、設備が傷んできたから交換という考えではなく、新たな楽しみを提供するという考えに基づいて『花』をコンセプトに大規模なリニューアルをおこないました。

 それまでラウンジの周囲に展示されていた『常滑焼』のタイルから、華やかで人目を引くフラワーアレンジメントに改装。デラックストイレの外壁にも美しい造花がちりばめられるデザインに一新しました」

 先日筆者(加藤久美子)も訪れてみましたが、大規模リニューアルからすでに9年が経過しながらも美しさをキープ。無料の公共トイレとして考えると驚異的な美観維持です。

 一体どんな方法でメンテナンスをおこなっているのでしょうか。

「高速道路SA・PAのトイレは原則として24時間利用できますが、デラックストイレは朝6時から夜22時までとしており、夜間は閉館となります。この夜間閉鎖があることで、デラックストイレの美しさを維持できているといえるでしょう。

 閉館後、毎日、清掃スタッフが入って入念にデラックストイレの各所を掃除します。お客さまがいるとなかなかできない作業も完全に閉館していれば問題ありません」(刈谷ハイウェイオアシス施設管理課)

 夜間に閉まるトイレだからこそ、毎晩時間をかけた清掃が可能ということでした。

 ちなみに、デラックストイレは計2億円の工費が掛かっていますが、それよりも清掃費のほうが確実に多いそうで、とくに手間がかかっているのが床の清掃です。

 通常のトイレ掃除ならタイル張りの床に水を流しておこないますが、デラックストイレはフロアがカーペット敷きになっているため水が使用できません。

 水を使わずきれいに掃除し、月に1回はカーペットのクリーニングをおこなっているそうです。

【画像】まるでホテルのラウンジ! 刈谷ハイウェイオアシスのトイレが豪華!(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 世界一高い高速道路料金なんとかしたらこれ

  2. 僕の出番ですね

  3. そもそも、高速道路は無料化になる予定だったはず。毎日の通勤で生活費を切り詰めて使用している人もいます。高速道路は、パピリオンではないです。無駄な建設費を押さえて料金を下げる努力を何故しないのか、実際にこういった物を見ると日本という国が悲しくなります