他県で車を買うのはOK? 新車と中古車で違う? メリット・デメリットとは

新車を購入するとき、自分の住んでいる地域のディーラーで購入する人が多いでしょう。では、県境に住んでいる人は他県のディーラーで購入してもよいのでしょうか。その場合のメリット・デメリットについて、カーディーラーの営業マンに聞いてみました。

他県のディーラーでクルマを買ってもいいの?

 新車を購入するとき、まずは自宅近くのディーラーを訪れる人が多いと思いますが、そのディーラーですぐに契約してもいいものか悩ましいところです。

他県のディーラーでクルマを買うのはOK?(イメージ)
他県のディーラーでクルマを買うのはOK?(イメージ)

 メーカー系ディーラーは「○○店」と地域ごとに営業や販売活動をしていますが、 1番近いディーラーで購入するのが、必ずしもベストではない可能性があります。

 とくに県境に住んでいる人は、ほかの都道府県のディーラーも選択肢になりますが、他県でクルマを購入してもいいのでしょうか。

 新車の場合、他県で購入することはまったく問題ありません。住んでいる地域にあるディーラーでなくても、新車の場合は状態が同じなので、機械的なトラブルの心配はありません。

 都内のディーラーでセールスを担当するT氏に話を聞いてみました。

「県境にお住いのお客さまが他県のディーラーで購入するといった距離的な問題もあるかと思いますが、じつはディーラーは各店舗が仲間でありライバルでもあります。我々のようなセールス担当の立場からは、他県からのお客さまにも喜んで対応させていただきます。

 たとえば、自宅近くにディーラーがないお客さまもいらっしゃいます。さすがに都内のお客さまが大阪のディーラーで新車を購入するという話は聞いたことはありませんが、東京在住の人でもお住いの地域によっては、埼玉や千葉、神奈川のディーラーで購入される人もいらっしゃいます」

 他県で購入することが問題ないということは、新車以外でも同じなのでしょうか。

 最近ではネットで中古車を購入するケースも増えており、お目当てのクルマを全国から探すことができます。

 中古車は、外装や内装、走行距離を含むエンジンの状態など、1台ごとにコンディションが違うため、条件や予算に合わせて他県から車両を持ってくることも当たり前になっています。

 その一方で、実車確認がなかなかできずに購入してトラブルが起きることもあり、遠方から取り寄せるときは慎重に見極めたいところです。

 では、状態はほぼ新車だけど既に登録を済ませた新古車(未使用車)の場合はどうなのでしょうか。

「弊社のようなディーラーでは、認定中古車も取り扱いしております。いわゆる新古車も全国のディーラーにある在庫をチェックすることができ、ボディカラーやグレード、予算などの要望に沿う候補車両を絞っていきます。

 中古車はもちろん、新古車をお探しの場合は、遠方まで出かける手間が省けますので、他県より最寄りのディーラーで相談していただいたほうがいいでしょう」

【画像】新車と中古車で異なる!? 他県で買うメリットは?

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント