日産「シルビア」は異端児!? デートからドリフトまで幅広く支持される理由とは

かつてはデートカーとして若者を中心に絶大な支持を得ていた日産「シルビア」は、近年はドリフトカーとしても高い人気を誇っています。長年愛される理由は、どこにあるのでしょうか。

シルビアは世代や性別を超えて愛される? その理由はナニ?

 かつてはデートカーとして若者を中心に絶大な支持を得ていた日産「シルビア」は、近年はドリフトカーとしても高い人気を誇っています。長年愛される理由は、どこにあるのでしょうか。

今や伝説級のシルビア。デートカーからドリフトマシンへの転換。そして世界中で争奪戦へ。
今や伝説級のシルビア。デートカーからドリフトマシンへの転換。そして世界中で争奪戦へ。

 シルビアは、1964年の初代モデルから2002年の7代目モデルまで、およそ40年に渡って販売されたモデルです。

 なかでも、最大のヒットモデルといわれるのは1988年に発売された5代目モデルのS13型です。

 同時期に登場したホンダ「プレリュード」とともに、若者を中心に「デートカー」として絶大な人気を誇りました。

 その後は1993年に6代目モデルのS14型、1999年に7代目モデルのS15型を販売。S13型以降は歴代モデルのなかでも「走り」にこだわったスポーツ仕様に路線変更しています。

 しかし、スポーツカーの販売が低迷するとともに「排出ガス規制」の影響などを受け、2002年におよそ40年の歴史に幕を閉じました。

 しかし、生産終了から20年近く経過した現在でも、ドリフト競技を中心にあらゆるカスタムのベース車としてシルビアは絶大な人気を誇っています。

 なぜ、シルビアはデートカーからドリフトマシンと幅広い人気を獲得しているのでしょうか。

 歴代シルビアでもっとも売れたとされるS13型は、当時としては先進的なデザインであった点が人気で、1988年にグッドデザイン大賞を受賞しています。

 さらに、当時すでに減少しつつあったFRレイアウトを採用していることから、デートカーとしてだけでなく手軽なスポーツカーとしても人気を集めました。

 シルビア人気について、首都圏の中古車販売店スタッフは以下のように話します。

「かつてはデートカーとして一般的な人気がありましたが、最近はドリフトカーなど『走る』ための用途として需要が高いです。

 状態が良くカスタムしていない個体はなかなか出会うことがありません。また、出回ったとしても200万円以上の価格がつくことはザラですし、それでもあっという間に売れてしまいます。

 また、中古車市場においてカスタム済みのクルマは好みが分かれるため、人気車でも売れ残ることはあります。

 しかし、シルビアは一癖ある程度ではなかなか売れ残りません。状態さえ良ければカスタム済みでも100万円台後半で取引されることは多いです。

 これは、もちろん国内での人気もありますが、漫画『頭文字D』の影響もあってなのか、海外での人気が高いことも関係しています。

 海外からのバイヤーとは定期的に連絡を取っていますが、現地では1年以上シルビアを待っているお客さまもいるとのことです」

※ ※ ※

 かつてはデートカーとして一世を風靡していたシルビアは、現在はドリフトカーとして人気を博しているようでした。

 また、生産を終了してから、S13型は27年、S14型は21年、S15型は18年経過しています。一般的に、これだけの年数が経てば、価格は100万円を切ることがほとんどですが、シルビアは国内だけでなく海外でも人気が高いため、相場は高いままのようです。

【画像】ノーマル状態は激レア!? いまやドリ車ばかりのシルビアを見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント