コロナ禍で例年とは違う!? 愛車の冬支度 雪が降ってからでは遅い理由とは

「まだ早いかな?」と思っているクルマの冬支度ですが、実は早めの準備が大切です。とくに、今年は例年よりも気温が下がる傾向にあるほか、コロナ禍で3密を避ける動きにあるため、例年よりも早め早めの準備が大切だといいます。では、具体的にどのような準備をすれば良いのでしょうか。

冬前のクルマ支度はなぜ重要?いつから準備をはじめるべきなのか

 クルマの冬支度は、本格的な冬シーズンが到来する前から準備をはじめておく必要があります。
 
 例えば、「雪が降ってからでもいいのでは?」という人もいますが、なぜ冬が到来してからではダメなのでしょうか。

今年の冬支度は早め早めの行動を!
今年の冬支度は早め早めの行動を!

 クルマの冬支度は、早めの準備にとりかかることで、愛車を守る大きな近道になります。

 また、気象庁は2020年8月にラニーニャ現象が発生したとみられると、9月10日に発表。ラニーニャ現象が起きると日本では寒い冬になりやすい傾向があります。いずれにせよ、冬支度に早めに取り掛かることに越したことはありません。

 実際に、本格的な冬が到来する前に冬支度をはじめる重要性について、オートバックスセブンIR・広報担当者は、次のように話します。

――冬前のクルマ支度は、なぜ重要なのでしょうか。

 早めの準備をおすすめする理由は、店舗側の在庫が豊富に取り揃えられているほか、比較的安価な値段で購入できることです。そのため、自分のクルマに合ったアイテムをじっくりと選ぶことができます。

 ギリギリになってしまうと、店舗で取り扱っている在庫も限られてしまい、特殊なものや人気のアイテムに関する在庫確保が難しくなります。とくに、雪が降るエリアでは、雪が降り始めると店側による在庫の扱いも無くなってしまうのです。

 また、今年は新型コロナの影響もあり、密を嫌がるお客さまも多いと思います。平年どおりシーズンが近くなるほど店舗も混み合います。

 北海道、東北、北陸など寒い地域では、今年の8月下旬からスタッドレスタイヤの訴求をスタートしている状況です。

 今年はコロナの影響をふまえたうえで、例年よりも早めの準備を意識することをおすすめします。

――具体的に、いつ頃からクルマの冬支度をはじめるべきでしょうか。

 東北地方の場合、例年では11月頃から雪の予報が出始めているので、この1か月前からクルマの冬支度に取り掛かることをおすすめします。

 関東圏をはじめとする雪が少ない地域も、同様に例年の雪予報に合わせた約1か月前がベストです。

 ただし、今年はコロナによって3密を避ける必要性があるため、例年の1か月前よりも少し早めを意識することが大切です。

 目安としては、通常の1か月前よりさらに半月早い時期から準備をはじめることをおすすめします。また、店舗側もコロナ禍の動きに合わせて、例年より早めに冬用アイテムを取り揃えております。

※ ※ ※

 また、オートバックスセブンによると、店舗側による3密を避けるために、店内または取り付け作業など混雑がひどくなった場合には早めに受付を終了することも検討せざるを得ないと話します。

【画像】冬支度って何するの? ささっと写真で見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 久々に読んだら相変わらず雑ですね

    ×いつから準備をはじめるべきかのか
    ○いつから準備をはじめるべきなのか

    (?)2018年度の暖冬による影響など、
    ~スタッドレスタイヤの出番が非常に少ない

    (?)
    関東圏をはじめとする雪が降らない地域
    関東圏をはじめとする雪の少ない地域

    ×雪が振ってしまう
    ○雪が降ってしまう

    ×冬用ワイパーのも
    ○冬用ワイパーも

    ×雪の入り込みや凍結するため
    ○雪の入り込みや凍結を防ぐため

    ×低音でも硬くなりにくい素材をラバーに使用してます。
    ○低温でも硬くなりにくい素材を(ラバーに)使用しています。

    ×早めに準備しる必要
    ○早めに準備する必要

    ×選びながらを揃えることができます。
    ○選びながら揃えることができます。

    北海道と東北、北陸の一部では必然であり、
    当たり前の事です。

    • 北海道県胆振館内空欄市 様

      このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

    • 訂正して頂きありがとうございます。

      ざる‐を‐え◦ない【ざるを得ない】

      誤記というか、日本語が得意でない?
      勉強してください。
      編集長もちゃんとチェックしましょう。