国産ホットハッチが熱い! トヨタ「GRヤリス」とスズキ「スイフトスポーツ」を徹底比較

走りが楽しいホットハッチが再注目されています。今回は、トヨタ「GRヤリス」とスズキ「スイフトスポーツ」の2台を比較してみました。

小さいボディで走りが楽しい! GRヤリス vs スイフトスポーツ

 トヨタが20年ぶりに自社開発したスポーツ4WD「GRヤリス」を発売するなど、コンパクトなボディで走りを楽しめる「ホットハッチ」が再注目されています。

左:トヨタ「GRヤリス」/右:スズキ「スイフトスポーツ」
左:トヨタ「GRヤリス」/右:スズキ「スイフトスポーツ」

 GRヤリスと似たモデルとして、スズキ「スイフトスポーツ」があります。今回はGRヤリスとスイフトスポーツの2台を比較してみました。

 2020年9月3日発売された新型GRヤリスは、トヨタのモータースポーツ部門である「TOYOTA GAZOO Racing」が開発を担当しました。

 2020年2月に発売されたコンパクトカー「ヤリス」をベースとして、トヨタがレースで培ってきた数々の技術が投入されています。

 ヤリスとGRヤリスのプラットフォームは、TNGA(GA-B)を採用していますが、ボディサイズは、ヤリスが全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmに対し、GRヤリスが全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mmと違いがあります。

 GRヤリスは全幅が3ナンバーサイズに拡大され、ロー&ワイドなスタイルとしました。ドアの枚数も異なり、ヤリスが5ドアなのに対して、GRヤリスは3ドアのボディとなっています。

 GRヤリスのデザインは、ほかのGRモデルと共通の大開口のアンダーグリルを装着してスポーティさを強調。最上級モデルにはBBS製鍛造アルミホイールにミシュラン パイロットスポーツ 4Sといった装備も採用されました。

 内装もGRヤリスの専用デザインとなります。

 ボディには、アルミ素材のエンジンフード、トランクリッドおよびドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用し、軽量化を図りながら優れた空力性能を示す強固なキャビンを実現しました。

 対するスイフトスポーツは、「スイフト」をベースに日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチへと進化させています。

 ボディサイズは、スイフトが全長3855mm×全幅1695mm×全高1500mmなのに対し、スイフトスポーツは全長3890mm×全幅1735mm×全高1500mmとワイド化。

 国内仕様のスイフトスポーツとして初の3ナンバーサイズのボディとしました。また、5ドアボディという点は、ベースのスイフトと変わりません。

 スイフトスポーツのデザインにおいては、ベースのスイフトよりも大型化したフロントグリルや躍動感を強調する専用バンパーを装着。

 迫力のあるリアビューを演出する専用の2本出しマフラーや、専用デザインの17インチアルミホイールを採用しています。

 内装では各所にスポーティな赤が取り入れられ、シート柄やメーター類、ハンドルなどのステッチに用いられ、スポーティさを演出しました。

【画像】コンパクトスポーツ対決! GRヤリスとスイフトスポーツを見比べる(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント