“ぶつからないクルマ”はどう進化? 新型レヴォーグに搭載される「アイサイトX」を試した

日産「プロパイロット2.0」とはどう違うのか

 さて、この「アイサイトX」と真っ先に比べられそうなのが、プロパイロット2.0を搭載した日産のスカイラインであり、新型レヴォーグ同様に渋滞時のハンズオフ機能を備えたBMWだろう。

日産スカイライン「プロパイロット2.0」で高速道路をハンズオフ走行
日産スカイライン「プロパイロット2.0」で高速道路をハンズオフ走行

 まずスカイラインは、こちらはドライバーが前方を見ていることを条件に、高速道路でのハンズオフ走行を実現したことで注目される。カーナビで目的地を設定し、ルート上で高速道路を走行中、同一車線内であればハンズオフ走行が可能となる。

 しかも前方に遅い車がいた場合は追い越しを提案してくれ、ドライバーがウインカーを操作すると追い越して、元の車線に戻ることも提案する。これを高速道路の出口まで続けてくれるのだ。

 ポイントは、車両にカメラやセンサーを搭載したことに加え、高精度な3Dマップを活用していることだ。この採用はスカイラインが初だ。日本国内の高速道路を中心とした約4万kmのデータが収録されており、ここには車線ごとの情報や周囲のあるガードレールやポールなど各種施設まで網羅されている。この情報と車両側のセンシングがリンクして高精度に制御するのだ。

 高精度マップを使った先読みもあってその走りは驚くほど安定しており、自動運転レベル2のカテゴリーとはいえ、クルージング中の安心感は格別だ。

 ではBMWの場合はどうか。30km/h以下の渋滞中にハンズオフを可能としており、考え方は新型レヴォーグと同様、渋滞時の疲労軽減が目的だ。

 ハンズオフのスイッチを入れると、ステアリングの左右でグリーンのランプが点灯。これで作動中であることが伝えられる。先行車がいる状態であればそのまま発進と停止を繰り返す。そして、60km/hにまで速度が上がるとこの機能は作動しなくなる。

 ドライバーが前方を見ていることが作動条件ではあるが、これは新型レヴォーグも同じだ。違いは新型レヴォーグが複数の制御に対応しているのに対し、BMWではあくまで渋滞時の自動追従でハンズオフを実現しているのみだ。走ることの愉しさをアピールするBMWだけに、せめて渋滞時ぐらいはアシストしようというコンセプトなのかもしれない。

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】さらに「ぶつからない」! 新型レヴォーグ搭載の新アイサイトを画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント