マツダの車名変更戦略はどうだった!? 「デミオ」から「マツダ2」改名1年の現状とは

独自のデザインコンセプトやディーゼルエンジンの採用など、強みを持つマツダ「マツダ2」ですが、2019年7月に旧車名の「デミオ」から車名変更しています。約1年経った現在の販売動向はどうなっているのでしょうか。

「マツダ2」に生まれ変わってまもなく1年

 マツダの主力モデルとして販売されるコンパクトカー「デミオ」は、2019年7月に車名を「マツダ2」に変更するとともに、デザインなども刷新しています。車名変更から約1年経った現在の販売動向はどうなっているのでしょうか。

クラスを超えた上質感を提供するマツダ「マツダ2」
クラスを超えた上質感を提供するマツダ「マツダ2」

 初代デミオは1996年に発売されました。その後、代を重ね4代目となる現行モデルでは、2019年7月18日に海外での販売名である「MAZDA2」へと車名を変更。それにともない、同年6月をもってデミオは生産終了、同年9月12日にはマツダ2が発売されています。

 デミオからマツダ2に車名を変更した背景について、同社常務執行役員の福原和幸氏は次のように話します。

「2019年5月、『アクセラ』から『マツダ3』に車名を変えましたが、『アテンザ』も『マツダ6』に。『デミオ』も『マツダ2』に変えました。

 その理由は、『マツダというブランドで選ばれたい』という想いから車名にもマツダを使いたいと考えました。また、カテゴリを表現する数字を付けるということで、海外で展開しているマツダ3、6、2という車名で統一をしていきます。

 ただし、ロードスターについては、商標でちゃんと取れている日本だけの車名です。これは、本当にマツダにとって財産といえるため、今後もロードスターはそのままの車名でいく予定です」

※ ※ ※

 ブランド力の訴求という背景により、グローバルでの車名に統一されたマツダ車において、マツダ2は国内市場における売れ筋のモデルです。

 自動車販売協会連合会が発表する軽自動車をのぞく新車販売台数ランキングによると、デミオとして販売していた2019年1月から8月には、全体20位から30位を前後しており、マツダ2と名称を変更してからの9月から12月も、同じような順位帯に推移しています。

 2020年に入ってからも売れ行きは安定しており、上半期ではランキングで26位となる1万4825台を販売。販売台数だけでみれば、緊急事態宣言の影響でほとんどの車種が販売台数を落としており、マツダ2も例外ではありませんが、ランキングの順位はデミオの頃からほとんど変わっておらず、安定した人気を獲得しているようです。

 では、直近の販売動向はどうなっているのでしょうか。首都圏のマツダ販売店スタッフは以下のように話しています。

「お客さまからはコンパクトカーの運転しやすいサイズ感や乗り心地に加え、静粛性の高さや、シンプルなデザインを非常に高く評価して頂いています。

 とくに、主な変更点であるフロントやリアのバンパーといったエクステリアデザインは、デミオと比べて高級感があるとの声が多く、『街で走っているのを見かけて一目惚れした』というお客さまもいらっしゃいました。

 他メーカーからは人気のコンパクトカーが続々と登場していますが、マツダ2は独自のデザイン性を武器に、これからも安定した販売ができると見込んでいます」

※ ※ ※

 近年のマツダ車では「人の音の聞こえ方を研究して開発をおこなった」とマツダが説明するように、静粛性に優れた車内となっており、実際に購入したユーザーからの評価も高いようです。

【画像】けっこうデミオと違うぞ!「マツダ2」のデザインをささっと見る!(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー