使ってませんか? 車用バッテリー「電源」使用はNG 本来の目的以外の危険性とは

クルマのエンジン始動用のバッテリーは、誤った使い方をすると有毒ガスが発生する危険性があります。誤った使い方とはどのようなことなのでしょうか。

自動車用バッテリーを本来の目的以外で使わない

 2020年5月26日朝、新潟県の高速道路上で工事関連の作業員2名が車内で意識不明の状態で発見され、その後、病院で死亡が確認されました。

 報道によると、パソコンや回転灯を使うための電源として、車内にはクルマの始動用バッテリーが積まれていたとのことです。一体何が起こったのでしょうか。

自動車用のバッテリー
自動車用のバッテリー

 一般社団法人 電池工業会では、「自動車用バッテリーの正しい使い方」として、最初に『使用用途に適したバッテリーを使用する』と記しています。

 自動車用バッテリーは、クルマのエンジン始動用以外に使用すると正常に作動せず、液漏れ・引火爆発の原因になったり有害ガスが発生する恐れがあります。

 一般的にバッテリーと呼ばれているものは、エンジン始動用の鉛バッテリーのことで、通常はエンジンルームに配置されています。(欧州車など一部の車種はトランクやシート下などに配置されている場合もあります)

 エンジンルームではなく、トランクや車内で鉛バッテリー単体をパソコンや家電製品の電源として使用することは、本来の目的から外れた使い方ということになります。

 そして、エンジン始動用以外に使用すると、有害ガスが発生する恐れがあります。この有害ガスとはどのようなものでしょうか。

 電池工業会に聞いてみたところ、「有害ガスには硫化水素も含まれる」との回答を得ました。

 硫化水素は一定濃度以上で人体に重大な影響を引き起こす物質です。350ppmから400ppmの濃度(1時間曝露)で生命に危険を及ぼすとされています。

 自動車用バッテリーは身近な存在だといえますが、このような恐ろしい物質はどのような条件下で発生するのでしょうか。

 クルマの電装品を扱うメーカーのエンジニアに、バッテリーから硫化水素が発生し、命に係わる事態になるにはどのような条件となるのかを聞いてみました。

「3つの悪条件が重なったことによって硫化水素が発生し、車内が危険な状態になったと考えられます。

 硫化水素の発生源となる鉛バッテリーを所定の場所、目的以外で使用した。

(密閉された車中など)換気の悪い場所に置いて使用した。

 バッテリーのメンテナンスを怠ったため電解液が減り、発生する硫化水素の濃度が上昇した。

 最大の原因は、やはり漫然と鉛バッテリーを電化製品の電源として使うためにクルマに積んだことだと思います」

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部(9枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. そこではなくてソーラーパネルと間にチャージコントローラーを接続して無かったか?またはその設定が正しく無かった可能性が高いんだよね!

  2. コロナに負けるな行けないけどみたいの
    くだらない広告邪魔まともに記事が読めない。何回もコメントに書いてもでてきやがる、二度とだすな。つぎは、G-com02だろ、ワンパターンだな。

  3. G-cam02の広告邪魔。またかよ。前回もコメントに書いたよなぁ。なおせや。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー