スポーツカーのベースが庶民の足!? 激速コンパクトカー3選

「R」の文字は特別な存在!? いまも人気のスポーツコンパクトとは

●ホンダ「シビック タイプR」

高性能1.6リッタースポーツコンパクトの代名詞的存在の「シビック タイプR」
高性能1.6リッタースポーツコンパクトの代名詞的存在の「シビック タイプR」

 サーキットを走ることを前提に開発されたホンダの「タイプR」シリーズは、1992年に登場した「NSXタイプR」から始まりました。

 その後、1995年には「インテグラ タイプR」そして、1997年に「シビック タイプR」が発売。

 シビック タイプRに搭載されたエンジンな1.6リッター直列4気筒DOHC VTECで、最高出力185馬力を8200rpmという量産車として類まれな高回転で発揮します。

 高回転型エンジンですが「可変バルブタイミング機構」VTECの特徴として低回転域のトルクも確保されており、乗りにくさはありませんでしたが、サスペンションセッティングはかなりハードで、街中では苦痛に感じるほどの乗り心地となっていました。

 内外装も「タイプR」専用のパーツを採用し、エアロパーツやホイール、レカロ製シート、チタン製シフトノブなど、個々のパーツも走りに相応しいものを装備し、同時に軽量化も図られています。

 初代シビック タイプRはシリーズ最後の1.6リッターエンジン搭載車ということで現在も高い人気を誇り、生産終了後もジムカーナやダートトライアルなどモータースポーツで活躍を続けました。

※ ※ ※

 近年、各メーカーともモータースポーツへの参加、もしくはサポートに消極的になってしまいました。そのため激減してしまったのが、1.6リッターエンジンです。

 日本では自動車税の基本的な区切りが排気量0.5リッター刻みになっている関係で、1.6リッターエンジンは不利な排気量ですが、モータースポーツの世界では1.6リッターが区切りの排気量という背景があります。

 そのため、GR ヤリスも1.6リッターエンジンを搭載していますが、今後は新規で製造されることがほとんどないと思いますので、高性能な1.6リッターエンジンはますます貴重な存在になるのではないでしょうか。

【画像】今でもカッコいい! 手ごろなサイズが魅力のスポーツカー(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事