新型軽SUV「タフト」、ライバルはランクルやロードスター!? 爆売れ予感させるワケとは

ダイハツは2020年6月に発売予定の新型軽SUV「タフト」の詳細情報を同年4月20日に公式ウェブサイトで公開しました。そこで明かされた情報によると、新型タフトは“大化け”する可能性があるほか、他ジャンルの「ランドクルーザー」や「ロードスター」などのユーザー層も奪う可能性があるといいます。2020年に台風の目となる新型タフトはどのようなユーザーが購入すると予想されるのでしょうか。

他ジャンルの車種に乗っていたユーザーも大注目!?

 ダイハツは、2020年6月発売予定の新型クロスオーバー軽SUV「タフト」のスペシャルサイトを、同年4月20日に更新。全9色のボディカラーや、インテリアの詳細などが明らかになったのです。

 発売が迫る新型タフトですが、主な購入層はいったいどのようなユーザーとなるのでしょうか。

2020年6月発売予定の新型「タフト」
2020年6月発売予定の新型「タフト」

 今回、追加発表された情報のなかでとくに驚かされたのは、前席のガラス製ルーフ「スカイフィールトップ」を全グレード標準装備とした点でしょう。

 エンジンの種類、燃費、そして気になる価格については今回未公開。4月1日の先行予約販売開始から6月発売まで、情報を段階的に公開して、購買に向けてユーザーの心をくすぐります。
 
 タフトの車種名は、1974年8月から1984年3月に12万6930台が生産され、スズキ「ジムニー」を強く意識した排気量958ccの本格的四駆の小型SUV「タフト」です。しかし、今回の新型タフトは、あくまでもダイハツ「タント」の派生車となっています。

 そんな派生車に、ここまで手の込んだマーケティング戦略をしなくても、と思ってきた業界関係者やユーザーも多かったはず。ですが、新型タフトの実態が分かるにつれ、購買層は極めて多岐に渡る可能性が出てきました。

※ ※ ※
 
 気になる新型タフトの価格は、いくらになるでしょうか。

 同じ軽クロスオーバーのスズキ「ハスラー」が、140万円から170万円後半。開発ベース車であるタントがタントカスタムを含めて、130万円から190万円。本格的軽四駆のジムニーが、140万円から190万円。こうした、新型タフトの周辺各車との関係から価格を推測すると、150万円から190万円といったところに落ち着くはずです。
 
 そうなれば新型タフトの購入層も、ハスラー、タント、ジムニーあたりから来ると考えるべきかもしれません。

 ただし、新型タフトはダイハツ関係者も認めているように、近年の日本車では稀な、思い切ってニッチ市場を切り開こうとするモデルです。

 4ドアでありながら、あえて「ひとり乗り、またはふたり乗り」需要を重視しているといい切り、4月20日の情報公開では、商品コンセプトを「バックパックスタイル」と表現しました。

 こうした新型タフトに関わる情報を踏まえると、ハスラーとガチンコライバル、と見るのは妥当ではないでしょう。もちろん、初代ハスラーからの買い替え需要はあるでしょうが、ダイハツ自身も想定していないような、とんでもないクルマのユーザーからの乗り換えが推測されます。

 または、憧れていた“あのクルマ”ではなく、あえて新型タフトを選ぶケースも増えるように思います。いくつかの例を、挙げてみましょう。

 まず考えられるのが、クロスオーバー系のSUVです。

 筆頭は、BMWミニ「ミニクロスオーバー」です。筆者(桃田健史)は日常業務の一環で2018年から2019年にかけて約8か月間、ミニクロスオーバー(ディーゼル4WD)を長期試乗していました。価格は500万円級ですが、商品性として新型タフトに通じるものが多いと感じます。両車ともに「日常生活を、ちょっとワクワクさせる」という商品の方向性があります。

 むろん、輸入車オーナーがいきなり軽にダウンサイジングというのは珍しいでしょう。ただ、初期型ミニクロスオーバーは価格も手頃で購入する方も多いですが、メンテナンスコストを考えると、新型タフトに乗り換えというパターンはありではないでしょうか。

【画像】新型「タフト」にオラオラ顔の新種存在!? ド迫力のカスタムモデルなどを見る(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 失礼ですがこの記事の執筆者様はこのタフトなる製品の開発陣にインタビューなどをおこなってその開発ストーリーや製品化に至る経緯を取材してから投稿されたのでしょうか?

    このタフトの仮想ライバルがランクルやRAV4だとするなら納得です
    しかしロードスターとは…
    色んなユーザーが様々な思惑を持ってクルマを選ばれるのですからそれに異論はありません
    しかしロードスターは純粋なるスポーツカーとして開発されていて
    エンジンの置き方や駆動方式、また懸架方式や重量バランス、そして全体としてのまとまり感つまりデザイン
    その全てに於いて当時のMAZDAが持てるクルマ造りの技術が高次元で集まり製品として具現化したものがロードスターというクルマ
    つまりロードスター=MAZDAと考えて相違ないわけです

    このタフトいうクルマはダイハツの全てだという認識でよろしいのでしょうか?
    タフトを構成するあらゆるパーツが今のダイハツをもってして(トヨタ様によいしょしてもらって)の限界点だとそういう事ですね

    それならば一度実車を確認しに行くべきでしょうが
    添付されているタフトの画像を何枚見てもわざわざディーラーに足を運んでまで見に行きたいとは到底…
    ま、乗ってもないクルマを批判する気はありませんが記事の起し方にいささか強引な点がありますねというだけのお話です

    当方は10万キロを超えてなお現役のnc1ロードスター糊なのです
    比較対象としてランニングシューズとクロックスを並べて語るのはいかがなものかと思うわけです

    長文失礼しました
    暇な時間が増えましたのでこれもまた“コロナの影響”といえなくもありません

  2. 以前、ダイハツにはネイキッドという車種があったのだか、タフトの発表はこのネイキッドの再来を思わせる。
    ネイキッドは売れなかったんだよなぁ。
    ダイハツは無骨さとファニーさの案配が下手。
    この車種がバカ売れするとは思えない。

  3. 炎上狙いか?

  4. 夢小説かと思った

  5. 「よーし、ランクル買うぞぉ!」
    「・・・やっぱ高いわ!タフトにしよ」
    ってなるかwww