「コンパクト」と「プレミアム」は両立する? 「DS3クロスバック」に乗って思うこと

DSオートモビルの完全なるニューモデル「DS3クロスバック」に試乗。外観も内装も、独特で強烈な個性をまとったコンパクトSUVだが、その走りはどうなのか。

フランスの高級ブランド「DS」のSUV第2弾

「DS3クロスバック」は、グループPSA(旧名PSAプジョー・シトロエン)の高級ブランド「DSオートモビル」のコンパクトSUVだ。

 DSオートモビルは当初、シトロエンのサブブランドとして2009年に登場。2014年に単独のブランドとして独立している。

 欧州の景気低迷もあり、その立ち上がりこそ伸び悩んだものの、このDS3クロスバックなどが牽引し、2019年の世界新車販売は6万2512台と前年比17.4%増を記録。日本においても前年比20.7%増の904台と、台数そのものはまだ少ないが堅調に数字を伸ばしている。

 日本では2019年6月に発売が開始されたDS3クロスバックは、DSブランドのSUVとしては、2018年7月に日本に上陸した「DS7クロスバック」に次いで2番目のモデルとなる。

DS3クロスバックの走り。WLTCモード燃費は16.9km/L
DS3クロスバックの走り。WLTCモード燃費は16.9km/L

 全長4120mm×全幅1790mm×全高1550mm、ホイールベースは2560mmと、サイズ的にはBセグメントSUVというジャンルにカテゴライズされる1台だ。

 パワートレーンには130ps/230Nmを発生する新開発の1.2リッター3気筒ターボ「ピュアテック」エンジンに8速ATの「EAT8」を組み合わせ、燃費はWLTCモードで15.9km/Lという数値。

 グレードは基本的に2種類。オートエアコンやフルLEDリアライト、フロントソナーやバックカメラが標準になる「ソーシック」は363万6000円、レザーシートに18インチアルミホイール、ヘッドアップディスプレイやFOCALのHiFiスピーカーなどが標準装備される「グランシック」は411万5000円となる。

 試乗したモデルは最上級グレード「グランシック」。ボディカラーは8色を用意するが、試乗車はDS3クロスバックのイメージカラーであるブルーミレニアム(オプション:6万500円)で、3色用意されるルーフ色は、ノアールオニキス(オプション:2万5500円)が組み合わされている。

 実際に目にすると、DS3クロスバックのエクステリアは妖しい雰囲気に包まれている。ソリッドなボディラインは、昼間の太陽の下、夕方、そして夜と、見る時間によって雰囲気を変えていくのが面白い。スタイルはたしかにSUVなのだが、他のどのクルマとも似ていないデザインだ。

 鍵をポケットに入れたままクルマに近づくと、ボディと段差がなくツライチだったドアハンドルが自動的にポップアップし、ドライバーを出迎えてくれる。

キーを持ってクルマに近づくだけで、ドアハンドルがポップアップし出迎えてくれる。2m以上離れると自動的にドアは施錠される
キーを持ってクルマに近づくだけで、ドアハンドルがポップアップし出迎えてくれる。2m以上離れると自動的にドアは施錠される

 ドアを開けて車内に入ると、エクステリア以上にオリジナリティあふれるインテリアが待っている。ダイヤモンドパターンのスイッチとクロームのベゼル、ダイヤモンドステッチの本革シートなど、すべてが高い質感。どこにも抜かりはない。

まるでフランスの前衛芸術のよう! DS3クロスバックを画像で見る(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント