オールシーズンタイヤは「万能タイヤ」!? その実力をスタッドレスと比べてみた

今シーズン、国産タイヤメーカー各社からも続々と登場した「オールシーズンタイヤ」。春・夏・秋のドライ/ウエット路だけでなく、冬のスノー路も走行できるというタイヤですが、どんな性能があるのでしょうか。スタッドレスタイヤとはなにがどう違うのでしょうか?

今シーズンに増してきたオールシーズンタイヤの存在感

 今シーズン(2019年−2020年冬季)、日本でも「オールシーズンタイヤ」というジャンルの商品に注目が集まっています。

2020年1月9日から本格販売が開始された新しいオールシーズンタイヤ、ヨコハマ「ブルーアース4S AW21」
2020年1月9日から本格販売が開始された新しいオールシーズンタイヤ、ヨコハマ「ブルーアース4S AW21」

 オールシーズンタイヤとは、その名のとおり「オールシーズン(すべての季節)」で使用できるタイヤ、ということで、春/夏/秋の路面に加え、冬の雪道も走行できる性能を持っています。ヨーロッパを中心に、いま人気が高まっているジャンルになります。

 2010年から、ドイツをはじめとした欧州各国で、法律により冬季に冬タイヤ装着を義務付けられたことをきっかけとして、その需要が高まりました。2010年には需要が約300万本だったのに対し、2017年には約1500万本と、すでに市場規模は5倍以上に達しています。

 オールシーズンタイヤには、「スノーフレークマーク」という、欧州で冬用タイヤとして認証されたマークが刻印されています。オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤと同様「冬用タイヤ」として、日本の冬用タイヤ規制時にも走行することが可能です。

 オールシーズンタイヤの歴史は以外に古く、1977年にグッドイヤーがオールシーズンラジアルタイヤ「ティエンポ」を北米で発売しています。日本では2008年から、グッドイヤーが「ベクターフォーシーズンズ」を発売していましたが、これまではそれほど一般ドライバーに認知されていませんでした。

 昨シーズン(2018年−2019年シーズン)までは、このグッドイヤー「ベクターフォーシーズンズ」、ミシュラン「クロスクライメート」、ファルケン「ユーロウインターHS449」、そしてグッドイヤーのSUV用「アシュアランス ウェザーレディ」が日本で展開されていました。

 今シーズンはさらに、トーヨータイヤのSUV用「セルシアス」、住友ゴムがダンロップブランドで出した「オールシーズンMAXX(マックス)AS1」、そして横浜ゴムの「ブルーアース4S AW21」と、最大手のブリヂストンを除いた国産メーカーから、相次いでオールシーズンタイヤが登場しました。そのブリヂストンも、一部の店舗でテスト販売をおこなっているようです。

 横浜ゴムの担当者によると「2019年10月から11月にかけて開催された東京モーターショーのヨコハマブースで、このブルーアース4Sを展示しましたところ、来場者の方々からひっきりなしにご質問やご意見をいただきました。一般ドライバーの方々も、オールシーズンタイヤに関心が集まっていることを実感しました」とのことでした。

※ ※ ※

 オールシーズンタイヤとは、はたして「1年中タイヤ交換がいらない万能なタイヤ」なのでしょうか。スタッドレスタイヤとはどう違うのでしょうか。

 今回、北海道旭川市にある横浜ゴムの「北海道タイヤテストセンター(Tire Test Center of Hokkaido=TTCH)」にて、冬用タイヤ勉強会が開催され、スタッドレスタイヤ「アイスガード6 iG60」と、オールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」を比較試走する機会がありました。

【画像】スタッドレスタイヤとはどう違うの? オールシーズンタイヤの特徴をチェック!(40枚)

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント