マツダの数字車名戦略は成功したのか ヴィッツ捨てたトヨタとの違いとは

マツダはアクセラのモデルチェンジに合わせ、マツダ3と車名変更を行いました。これを機に、アテンザはマツダ6、デミオもマツダ2へと変更。なぜ認知されていた車名を変える必要があったのでしょうか。

認知度あるデミオからマツダ2へ

 マツダはアクセラのフルモデルチェンジから車名を止め『マツダ3』という数字で呼ぶことにした。以後、アテンザを『マツダ6』とし、デミオも『マツダ2』にしている。結果どうなったかと言えば、明確な売れ行き減少になっているようです。マツダ6は販売台数が少ないため解りにくいため、マツダ2の販売状況でみてみたいと思います。

マツダはデミオ、アクセラ、アテンザと認知されてきた車名を一気に変更する戦略を行った。写真はアクセラから車名変更された「マツダ3」
マツダはデミオ、アクセラ、アテンザと認知されてきた車名を一気に変更する戦略を行った。写真はアクセラから車名変更された「マツダ3」

 まずマツダ2がデミオ時代の2019年3月は、いわゆる決算月のため6474台。以後、2337台/2711台/2816台で、7月のボーナス月に3133台まで順当な台数。しかし8月には落ち込んで1887台といつも通りの動き。そしてデミオからマツダ2になった9月にマイナーチェンジの宣伝を行ったため、4817台と増えた。以後、販売台数上がるハズだったが・・・。

 10月は早くも新車効果薄れてしまい2080台へ落ち込み、11月も1984台で、デミオ時代より売れなくなってしまった。古今東西、車名の呼び方を変えるときは相当の宣伝を行わないと認知度が上がらないといわれてきた。だからこそトヨタですら新しい車名を単独で使うようなことをしません。全く違うボディでも「カローラ○×△」といった具合です。

 ちなみにマツダ3は「ファミリア」という知名度の高い車名を捨て「アクセラ」に変更。やっと知名度が上がってきたと思ったら「マツダ3」。デミオも良い車名だし知名度は高かったです。

 不思議なのは業界なら誰でも予想出来る「デミオを止め、マツダ2にしたら認知度が確実に落ちる」という戦略を、なぜ強行したのか、ということです。

 ここまで読んだ方なら「トヨタもヴィッツをヤリスにしたでしょう」と思うかもしれません。その通りです。しかしヤリスの場合、車名変更した最も大きな理由は「WRC(世界ラリー選手権)にヤリスで出場しているから」です。

トヨタがWRCに出ていなかったらヴィッツのままだったでしょう。トヨタは「ヤリスの方がブランドイメージを高められる!」と判断したからです。

 加えてトヨタは当然ながら、それなりの宣伝予算を投じるだろうし、来年から開催が決定している日本でのWRC開催時、ヤリスWRカーが走ればヤリスの強いアピールにもなる。そのくらいの勝算や戦略を成しに車名変更などは行わないのです。

車名が変わって何が違う?画像で詳細をチェック(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

16件のコメント

  1. 単純に販売台数だけで「マツダが売れていない」と書いておりますが、トヨタとマツダでは店舗数が桁違いで違います
    色々なところで批判的なご意見されてますが、1店舗数あたりで意見されるのが妥当なのではないでしょうか?

  2. 消費税わすれたの?

  3. 実際、真剣に車購入検討してる人は、車名が変わったことでその車を検討から外すことなんてするのでしょうか?購入当事者ではない方の論じる記事は、好き嫌いで論じてるのではと思うのです。

  4. ブランドイメージが浸透するには
    時間がかかるのが当たり前ではないでしょうか? 
    たかだか半年位の数字で判断するのは、どうかなと思います。

  5. マツダも今後の生き残りを賭けて攻めに出ていると思っています。
    シェアを無理に伸ばさず、好きな人に買ってもらう。
    名前だけで選ぶのではなくデザインや走行性能に魅力を感じてもらい選んでもらう。
    そういう路線を目指しているのだと思います。
    批判なんて誰でもできる。
    日本の大事な産業である自動車業界をより良くしようという気は無いのか疑問に感じる。
    自動車評論家を名乗るのであれば自動車、自動車会社に対し公平で正直であって欲しいし、批判だけでなく前向きに締めてほしい。

  6. これはもう分析でも評論でもなく、マツダ嫌いの感想文。論旨が雑で呆れる。筆者のサイトではブラックサタンという言葉が使われており、特定個人への誹謗中傷でしかない。

  7. もしかしてこの執筆者は、私がSNSに書いたことの反論として、この記事を書いたのかな?
    だとしたら、アンチマツダの戯言以外の何物でもない、幼稚な行為だぞ。

  8. マツダユーザーの中にはヨーロッパ仕様のマツダ3などのエンブレムに交換する車もたまに見かけるので、今回の数字車名でも成功するかと思いきや全体のイメージでは成功と言い難い。
    解決策は車名を元に戻し、SKYACTIVエンブレムの所にマツダ3とかマツダ2などのエンブレムをつければ良い。すでにSKYACTIVは他メーカーにくらべて優位性が感じられなく、このエンブレム付けるくらいなら、このほうが販売的にもプラスになりそうだが。

  9. 何かしらの変化があるとすぐ否定する。
    ついて行けなくなる古いオッサンそのものの発想。

  10. 欧州車の車名について。
    なぜ、輸入車新規登録台数の多いメルセデス・ベンツ、アウディ、BMWに触れず、他メーカーの名前を意味もなく並べているのでしょうか?

  11. バブル期は立場をわきまえずリーダーに追従した拡大戦略へと舵を切ったが、今のマツダはニッチャーとしてのポジションを確立するために挑戦を続けているのではないのか。挑戦には失敗が伴うが、バブル期とは異なり、財務的にコントロール可能な範囲でのリスクで挑戦を続けているようにも見える。

    ところで燃料垂れ流しの自動車レースは環境破壊の象徴とも受け止められかねず、自動車レースがブランディングの1丁目1番地のような論説も、今の時代に相応しいのかどうかも疑問である。それゆえ燃料垂れ流しの自動車レースはスカイアクティブ路線とは相容れないのかもしれない。

    とにかく批判のためにFACTらしき事実を寄せ集めただけの記事ではないのか。自社サイトでマツダの幹部をブラックサタンなどと揶揄している筆者の記事は、斜に構えて読まざるを得ない。

  12. 名前を変えた変えないで売れ行きが変わるなんていつの時代の話でしょう。マツダ2の売り上げが落ちているのは単に車自体の問題でしょう。マイチェンしましたがコンパクトカーハイブリッドや軽自動車と様々なライバルがいて、よほど出来が良くないと厳しいのが現実。そうそう上手くはいかないでしょう。
    それと国沢氏はマツダの戦略が気に入らない、トップとの個人的確執等々から今までバッシングを続けています。マツダの売り上げが伸びないのをそれ見た事かと批判する姿勢は、著名な評論家にしては非常に残念な限りです。もっと論理的かつ公正な記事を期待します。

  13. 私怨でマツダのトップに恫喝文書送ろうとした自動車ヒョロンカが居ましたなぁ。

    誰でしたっけ?雉沢センセ。

  14. マツダのトップに私怨で脅迫文書送ろうとした自動車ヒョロンカが居ましたなぁ。

    誰でしたっけ?雉沢センセ。

  15. この記事正しいと思うよ。ちなみに、この30年、常に1台は(新車購入の)マツダ車を所有して来たマツダ党です。マツダね、ちょっと上手くいくと調子乗ってまうのよ、歴史的に。
    技術的成果は別にして、一般消費者向けの製品としては今のSkyactive Xなんて、明らかな失敗作。スパチャにハイブリッド付けたら、普通のガソリンエンジンでもあの位の性能にならないとおかしいよ。経営的に、あのレベルの絶対性能のクルマをあの値段で売るという判断のセンスが分からん。これ、業界の人、怖くて誰も言えないんだと思う。
    車名の数字化も、少なくともFMCの時に順次やるべきだと思うよ。俺、アテンザ(当然GJ)乗ってるけど、型式も変わってないのに気分は旧モデル。ユーザー見てんのかよ。唯我独尊も甚だしい。
    このままだと、また道を誤るよ。

    • とマツダに乗ってない人のご意見でした