スバル新型「レヴォーグ STIスポーツ」初公開! 早くも東京オートサロン2020に登場

東京オートサロン2020で、スバルは新型「レヴォーグ STIスポーツ」などを初公開します。ほかにも「BRZ」「WRX S4」のカスタムコンセプトが出展される予定です。

スバルの東京オートサロン2020出展概要

 スバルは、2020年1月10日から12日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される東京オートサロン2020で、新型「レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ」を初公開します。

スバル新型「レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ」
スバル新型「レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ」

 また、「BRZ STIスポーツ」と「WRX S4 STIスポーツ」のカスタムコンセプトを展示し、スバルとSTI ならではの走りの愉しさを提案します。

 さらに、STIのモータースポーツへの挑戦を象徴するクルマとして、2019年にクラス連覇を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車の「WRX STI NBR CHALLENGE 2019」、スーパーGT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2019」と、WRX STI全日本ラリー2019参戦車の3台のモータースポーツ参戦車両を展示します。

●新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツ

 東京モーターショー2019で世界初公開された「新型レヴォーグ プロトタイプ」は、フルインナーフレーム構造を組み合わせたSUBARU GLOBAL PLATFORMや、新開発1.8リッター水平対向直噴ターボエンジン、新世代アイサイトなど、最新技術が注ぎ込まれています。

 今回公開される新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツは、スバルとSTIが一丸となって新型レヴォーグの持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、さらなる走りの愉しさをもたらす「SUBARUの走りの未来」を提示します。

●SUBARU BRZ STIスポーツ(カスタムコンセプト)

 スーパーGT参戦車両のSUBARU BRZ GT300をモチーフとするフロントスポイラーやスワンネックリアスポイラーなど、STIがレースで培った経験を活かしたパーツを装着することで、BRZの特徴である高いコーナリング性能を最大限に向上させることを狙ったコンセプトモデルです。

 専用色の「ギャラクティック WRブルー メタリック」をまとった外装に、専用RECAROシートを中心としたシルバー&レッド基調の内装を組み合わせました。

●WRX S4 STIスポーツ(カスタムコンセプト)

 WRX S4 STIスポーツをベースに、リアカーボンウイングや19インチアルミホイール、STIパフォーマンスパーツなどを装着することで、走りのパフォーマンス向上を狙ったコンセプトモデルです。

 内外装は、SUBARU BRZ STIスポーツ(カスタムコンセプト)と同様、「ギャラクティック WRブルー メタリック」外装と専用RECAROシートを中心としたシルバー&レッド基調の内装を採用しています。

スバル レヴォーグの詳細を見る

【画像】新型レヴォーグ プロトタイプ STIスポーツをチラ見せ!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント