【世界最高燃費?】トヨタ新型「ヤリス」の燃費・価格が判明! 最短納期は3月か

2020年2月10日に、トヨタ新型「ヤリス」が発売されます。ヴィッツの後継モデルとしてフルモデルチェンジする新型ヤリスは、どのようなクルマに生まれ変わるのでしょうか。

燃費は世界トップレベルの36.0km/Lで価格は139万円から

 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジして新型「ヤリス」として2020年2月10日に発売されることになりました。また今回、発売日以外にも、燃費や価格などが明らかになったのですが、新型ヤリスはどのようなクルマなのでしょうか。

トヨタ新型「ヤリス」(2020年2月10日発売)
トヨタ新型「ヤリス」(2020年2月10日発売)

 新型ヤリスは、小型車用に新開発されたTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用したモデルで、軽量で高剛性、低重心のボディを実現。走りが楽しいクルマに進化します。

 パワートレインは、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムを設定しました。

 力強くシームレスな走りとともに、WLTCモード燃費はクラス世界トップレベルの36.0km/L(市街地モード:37.5km/L・郊外モード:40.2km/L・高速道路モード:33.4km/L)を実現しています。

 また、ハイブリッド車は、トヨタのコンパクトカーとして初めてE-Four(電気式4WDシステム)を搭載しました。

 ガソリン車においては、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、トランスミッションは、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT(ダイレクトシフトCVT)または6速MTを組み合わせています。

 なお、ダイレクトシフトCVT搭載車の駆動方式は、2WD(FF)と4WDを設定。ガソリン車の4WDについては、2020年4月発売予定です。

 さらに、改良を加えた1リッター直列3気筒エンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインナップ。1.5リッターハイブリッド、1.5リッターガソリン、1リッターガソリンと、ユーザーの選択肢の幅を広げました。

 新型ヤリスの価格(消費税込)は、1リッターガソリンが139万9500円から161万3000円、1.5リッターガソリンが154万3000円から212万4000円、1.5リッターハイブリッドが199万8000円から249万3000円です。

 新型ヤリスと従来型ヴィッツの量販グレードの価格を比較すると、ヤリス 1.5リッターガソリンの「X 2WD ダイレクトシフトCVT」が159万8000円、ヴィッツの1.3リッターガソリン「F 2WD Super CVT-i」が150万9200円で、その差は8万8800円です。

 主な装備の違いは、安全支援システムの「Toyota Safety Sense」やディスプレイオーディオ、カーテンシールドエアバッグなどが新型ヤリスに設定されるうえ、排気量や最高出力なども向上しています。

 新型ヤリスはプラットフォームやパワートレインを新開発して軽快で上質な乗り心地とスムーズとダイレクトな加速を実現するとともに、最新の安全・安全技術と装備を充実させたうえで戦略的な価格設定としました。

 新型ヤリスを販売する首都圏の販売店は、次のようにいいます。

「新型ヤリスは2019年12月6日から予約が開始されており、数十名以上のお客さまからオーダーが入っています。グレードにもよりますが、納期は現時点では3月から4月くらいを見込んでいます。

 ただ、これから本格的に商談が開始されると、オーダーが非常に多くなることが予想されますので、その場合の納期は後ろ倒しになるものと思われます。

 なお、ヴィッツについてはオーダーが終了しており、在庫車はごくわずかという状態です」

ヴィッツよりスポーティに! トヨタ新型「ヤリス」の詳細画像をチェック(59枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. フラッグシップに『赤』はダメだろう。塗料の性質上日焼けして退色すると思う。