飛ばないファーストクラス? メルセデス・マイバッハの作る「GLS」は、ショーファードリブンなSUVだった

メルセデス・マイバッハに、「GLS」クラスが追加されました。メルセデス・ベンツのラグジュアリー版といえるマイバッハがつくるGLSとは、いったいどこが豪華になっているのでしょうか。

ピンスト効果のグリルが効果絶大! さらに高級感が増したマイバッハ仕様GLS

 メルセデス・マイバッハ(以下マイバッハ)といえば、メルセデス・ベンツのなかでラグジュアリーなサブブランドとして「Sクラス」のみをリリースしてきました。そのマイバッハがSUVである「GLS」を手掛けたのはどうしてなのでしょうか。

メルセデス・マイバッハ「GLS 600 4MATIC」
メルセデス・マイバッハ「GLS 600 4MATIC」

 メルセデス・マイバッハ「GLS 600 4MATIC」のベースとなるのは、2019年4月に登場した2世代目となる「GLS」です。
 
 メルセデス・ベンツの昨今のグリルには、スリーポインテッドスターがセンターについているアバンギャルド仕様が増えましが、マイバッハのGLSは垂直のクロームストラットとなり、ピンストライプ効果となってグリルの大きさがさらに際立って見えます。
 
 スリーポインテッドスターのマスコットは、高級モデルのいつもの手法通り、古典的な手法で取り付けられています。これは、ロールス・ロイスのフライングレディやベントレーのフライングBのマスコットと同じです。
 
 サイドウインドウの周りは、クロームで縁取られ、GLSに品格と優雅さを与えています。Dピラーには、マイバッハのエンブレムが取り付けられています。
 
 ホイールは22インチ、または23インチとなりマイバッハ専用デザインとなります。23インチのホイールは、ピンストライプをテーマとしており、マイバッハ・ラジエーター・グリルとの相性も抜群です。
 
 また、マイバッハの特徴として外装色にツートーン仕様が採用されます。ツートーン仕様は8つのエレガントな組み合わせから選択することができます。
 
 外観での最大の見所は、およそ1秒で自動的に所定の位置にスイングするランニングボードです。ランニングボードは後席のほうが幅が広くなっており、マイバッハGLSが後席を重要視した仕様であることを物語っています。

豪華さはカリナン以上!? マイバッハ版GLSのすべてを見る!(63枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. E350ブルーテックを運転した時に同じV6ディーゼルがSクラスにも載るかと期待したが事もあろうにCクラス用のディーゼルのハイブリッドでS300hを唱ってきたのには思いきりズッ転けたもんだが記事のGLSも負けじ劣らずだよねw
    退くに退けないと言うか?4000ccターボで63を背負わせるにはあまりにも重い十字架だと思うのだが?
    先日久々にW221の550を運転したけど222ほどに電子部品に晒されていない車は熟良いな~と思ったけどね