中国は「安心・安全」が重要課題? レクサスEVの「UX300e」で見えたEV先進国の課題とは

なぜEV先進国の中国でレクサスは後発となる「UX300e」をお披露目したのでしょうか。そこには、現在の中国EV市場の課題が見え隠れしていました。

 2019年11月22日、レクサス初のピュアEVとして「UX300e」が中国の広州モーターショー2019で世界初公開されました。レクサスのプレスカンファレンスでは、登壇者から「安全」「安心」という言葉がしきりに聞こえました。

 なぜ、それほどまでに安心・安全を強調しているのでしょうか。

EV先進国の中国市場で後出しとなるレクサス「UX300e」の勝算とは?
EV先進国の中国市場で後出しとなるレクサス「UX300e」の勝算とは?

 UX300eは、コンパクトクロスオーバーSUVとして日本国内や欧州を中心に人気を博している「UX」をベースに、レクサスがハイブリッドで培ってきた技術を最大限活かすことで、400kmという航続距離とレクサスらしい走り、そして静粛性を兼ね備えたモデルとして発表されました。

 プレスカンファレンスには、レクサス・インターナショナルプレジデントの澤良宏氏が登壇。同時期に開催されているロサンゼルスモーターショー2019でも、レクサスは「LCコンバーチブル」を発表しています。

 そんななか、レクサスブランドのトップである澤氏は広州モーターショーに出席していることからも、このUX300eが重要なモデルであり、そして、レクサスが中国をいかに重要な市場と見ているかがわかります。

 2021年春には、日本へ導入されることが明らかにされたUX300eですが、中国が世界初公開の場に選ばれたのは、ここが世界最大のEV市場であるからにほかなりません。

 しかし、すでに欧州プレミアムブランドや中国国内のメーカーによって、さまざまなEVが発売されている同国において、UX300eは後発といわざるを得ませんが、果たして勝機はあるのでしょうか。

 レクサス中国法人の陳忱氏は、次のように語ります。

「ほんの数年前までEVは新しいものでしたが、いまでは中国人にとってEVはとても馴染みのあるものとなっています。

 現在、EVを購入しようとするユーザーの多くは、加速のスピードや航続距離、車内ディスプレイのサイズなどを重要視して、検討しています。しかし、実際に所有してから徐々により重要なことに気が付き始めるのです。

 UX300eは、中国での市場調査を受けて開発方針が決定されました。そこでわかったのは、電動化の本当の意味は、単にドライブモードの違いでしかないということです。ラグジュアリーEVユーザーが常に求めているのは、自然なフィーリングと安心、そして内から湧き出る喜びです」

※ ※ ※

 中国では、すでに年間100万台を超えるEV・PHVが販売されており、その数は世界で販売されるEV・PHVの半数以上を占めています。

 したがって、EVであること自体はすでに競争領域ではなく、ガソリン車同様、クルマとしての魅力が重要になってきているのです。

「青色=EV?」 レクサス初のEVを画像で見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 300eとか基準がガソリン車の3000cc級の性能って意味なのか?
    UX250hだって2500cc程の仕事してねーじゃん?
    何でベンツみたいに3500ccハイブリッドを400hにとどめる正直な示し方をしないのかね?
    それでもSクラス400hはLS600hに迫る性能だしね。
    こともあろうに新型LSなんてのは3500でターボとハイブリッド双方でLS500だから開いた口がふさがりませんよ