ベントレー「ミュルザンヌ」のエンジンは60年前のもの!? 伝統のV8が60周年を迎えました

1959年にベントレー「S2」モデルに搭載されたV型8気筒エンジンが、改良を重ねながら60周年を迎えました。この伝統のV型8気筒エンジンは、どのような歴史をたどってきたのでしょうか。

ミュルザンヌに搭載されるエンジンは60年の歴史をもっていた

 2019年11月15日、現在生産されているV型8気筒(以下V8)エンジンのなかで、もっとも長い歴史を誇るベントレーのV8エンジンが、誕生から60周年を迎えました。
 
 このV8エンジンが生産を開始した1959年といえば、1964年の夏季オリンピック開催地が東京に決定した年。そんな昔からあるエンジンは、いったいどんなエンジンで、いまもベントレーに搭載されているのでしょうか。

ベントレーのV8エンジンは、1959年にベントレー「S2」モデルにはじめて搭載された
ベントレーのV8エンジンは、1959年にベントレー「S2」モデルにはじめて搭載された

 1959年にベントレー「S2」モデルにはじめて搭載されたV8エンジンは、これまでに23のモデルに搭載され、時代とともに進化しながら3万5898基生産されました。
 
 最新の6 3/4リッターV8ツインターボは、設計、エンジニアリング、ハンドビルドすべてが英国クルーでおこなわれ、熟練技術者の手で15時間かけて仕上げられ、最新の「ミュルザンヌ」に搭載されています。
 
 S2モデルに搭載された初代V8エンジンは、基本的な構造とサイズは60年経った今も当時のままです。
 
 ベントレーのエンジニアリング責任者であるヴェルナー・ティーツ氏は次のようにコメントしています。
 
「初代V8エンジンはパフォーマンスの大幅なステップアップに加え、スムーズさ、信頼性、洗練性の向上を目指して設計されました。過酷を極めた試験は数十万マイル以上に及び、500時間のフルスロットル試験も行われました。

 その精神はベントレーが誇る6 3/4リッターにしっかりと受け継がれ、現行ミュルザンヌの成功を支えています」
 
 ミュルザンヌの現行6 3/4リッターV8ツインターボエンジンは、エンジン専門の技術者で構成された少人数のチームによって各部品の選定と取付がおこなわれています。

 エンジン内部の重要部品は、エンジンが限りなくスムーズに回転するようバランスを考え、ひとつひとつ組み合わされていきます。この技術を完璧にマスターするまでには何年も経験を積む必要があります。

 組み上がったエンジンは徹底的な試験の後、数十年続いてきた伝統に則り、担当技術者の署名が入れられます。

 最新の6 3/4リッターV8エンジンは、圧倒的なパワーと優れた燃費性能を兼ね備えています。ミュルザンヌ・スピードは、最高出力537馬力、最大トルク1100Nm、最高速度305km/h、0-100km/h加速4.9秒という性能を発揮します。

ベントレー伝統のV8エンジンはこんなクルマに搭載されていた!(13枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント