三菱、新型SUVミニバン「エクスパンダークロス」を発表! ド迫力の顔つきが特徴の最上位モデル

三菱は、2019年11月13日にインドネシアで新型「エクスパンダークロス」を発売します。日本でも注目度の高い7人乗りミニバンへ新たに設定された、SUVライクな外装を持つ追加モデルです。

三菱の人気ミニバンにSUVの力強さをプラス!

 三菱は、7人乗りミニバン「エクスパンダー」の追加モデルとなる新型「エクスパンダークロス」を、2019年11月12日に発表し、同年11月13日よりインドネシアでの販売を開始すると発表しました。

 三菱の現行ラインナップのなかでもとくに人気の高いモデルであるエクスパンダーですが、新たに追加されたエクスパンダークロスは、いったいどんなミニバンなのでしょうか。

三菱新型「エクスパンダークロス」
三菱新型「エクスパンダークロス」

 エクスパンダーは、2017年に販売を開始したミニバンで、2018年度には約10万4000台を売り上げ、三菱で4番目となる販売実績を誇るモデルです。

 今回発表された新型エクスパンダークロスは、シリーズの最上位モデルに位置づけられる、SUVらしさを高めたモデルとなっています。

 フロントのデザインには、三菱車の共通デザインコンセプトである「ダイナミックシールド」の最新版を採用。SUVらしい堅牢さを際立たせるため、バンパー下部には専用スキッドプレートを装着しました。

 リアウインドウの下にはグロスブラックのテールゲートフィニッシャーを配置し、バンパー下部にはフロントデザインと同調する大型スキッドプレートを組み合わせ、SUVらしいタフなイメージとしています。

 ボディ側面にはブラックのホイールアーチモールディングを追加し、全幅は50mm広くなりました。この前後モールディングを繋ぐようなデザインで、ブラックのドアガーニッシュも取り入れられています。

 足元には、大径17インチタイヤと新デザインのアルミホイールを採用。さらに、ルーフキャリアの装着を容易にするシルバーのルーフレールを追加しました。

 灯火類においては、視認性の確保を考慮して、LEDヘッドライトやポジショニングランプの位置を変更しています。また、バンパーに組み込まれた大型のLEDフォグランプは、跳ね石や浸水からのダメージを極力受けないように配置しています。

 ボティカラーは、新色として「グラファイトグレーメタリック」と、エクスパンダークロス専用色の「サンライズオレンジメタリック」のふたつを追加しました。なお、内装色はブラックとブラウンを組み合わせたコンビネーションカラーとし、ブラウン基調のダッシュパネルにはシルバーメッシュ柄の加飾をあしらっています。

 メカニカル面においては、ベースモデルのエクスパンダーに比べ車高を20mm高く設定し、最低地上高はクラストップとなる225mmを確保しました。これにより、荒れた道路での走破性向上のみならず、ドライバーの視認性も向上しています。

 パワーユニットは、エクスパンダーと同様の1.5リッターガソリンエンジンを搭載。組み合わされるトランスミッションは4速ATと5速MTの2種類です。

 その一方、メカニズム面での進化だけではなく、ミニバンに欠かせない使い勝手の良さも追求されており、2列目(6:4分割)および3列目(5:5分割)のシートバックは、簡単な操作で折りたためるようになっています。

 同クラスで唯一、2列目中央のシートバックを倒すとアームレストとして使用できるだけでなく、2列目両サイドに乗車スペースを確保すると同時に長尺物の積載を可能にしています。

 また、3列目を使用する7人乗りの状態でも、5ガロン(19リッター)のボトル4本かまたは、標準的なベビーカーを入れるのに十分な荷物スペースを確保しています。USB端子が各列に配置されているのも、ファミリーユースにおいて便利なポイントです。

 そのほか、新型エクスパンダークロスはチルト・テレスコピック調整機能付きのステアリングホイールや、クルーズコントロールなど、各種快適装備を備えます。

※ ※ ※

 三菱の加藤隆雄CEOは、新型エクスパンダークロスについて次のようにコメントします。

「新型エクスパンダークロスのローンチにあわせ、インドネシアからの輸出台数増に対応できるよう生産能力を拡大しております。これにより、インドネシアの経済発展にも貢献していきたいと考えています」

 新型エクスパンダークロスの生産は、エクスパンダーと同様にインドネシアの乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシアでおこなわれます。また、順次アセアン地域をはじめとした各国にも輸出していく予定ということです。

SUVらしいゴツい外観へ大変身! 新型「エクスパンダークロス」の画像などを見る(33枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. いいと思うんだけど、このクラスの車を日本に輸入するなら今なら「4WDハイブリッド」「サンルーフ」「ACC(スバルのアイサイトツーリングアシスト並み)」を付けて価格が280万前後でないと買わないでしょ。

  2. ここで言っている輸出は、日本を除くアジアおよび米国を除くグローバルだと思います。三菱だけでなく、いすゞ・トヨタなんかも似たような車を、タイやインドネシアで生産して販売・輸出している。(各社のタイの販売店のホームページでラインアップは確認。日産はミニバンが無いみたいで出遅れ?)
    昔は、トラックベースのフレーム車が多かったけど、今はどうなんだろう。

  3. 昔々、三菱は運転席より後部座席の方が屋根が高い「ギャランVR-4」が当たると、全部の車の屋根のカーブを同じにしてしまった。今今、デリカのオラオラ顔が当たると?全部を同じ顔にしてしまった?