フェラーリエンジンを搭載したマセラティがついに終了! グラントゥーリズモが12年もの長命だった理由とは?

色・質感が美しくグラデーションするピニンファリーナのボディ

 マセラティが発表した「グラントゥーリズモ・ゼダ」は、グラントゥーリズモのファイナルを示すものであり、また、次期グラントゥーリズモの到来に向けたモデルでもあります。

マセラティ「グラントゥーリズモ・ゼダ」の塗装している様子
マセラティ「グラントゥーリズモ・ゼダ」の塗装している様子

 ゼダとはモデナ地方で使われている言葉で、「Z」を意味しており、マセラティのルーツへの誇りを示すとともに、終わりの後に訪れる新たな始まりを予感させるネーミングです。
 
 スポーティで未来的なエクステリアデザインは、マセラティ・チェントロ・スティーレ(デザインセンター)によって仕上げられました。ボディに施されたカラーリングと質感を通じて、マセラティブランドの過去・現在・未来を表現しているのです。
 
 フロントはマセラティブルーで艷やかなメタリックカラーです。リアセクションはマットのサテン仕上げ。色だけでなく、表面のテクスチュアもフロントからリアへと変化しているのです。
 
 フロントのマセラティブルーも徐々に変化しており、その深化する色味はまるでエネルギーを湛えているかのようです。また次期グラントゥーリズモが、完全EVになることを予告しているようにも見えます。
 
 マセラティ・グラントゥーリズモ・ゼダは、今後世界各地を巡回する予定です。日本でいつ頃その姿を目にすることができるのか、非常に楽しみです。

【丸見え】グラントゥーリズモ・ゼダが美しく塗装されている写真を見る(25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント